【向日葵色のロードスターで行く】北陸の海沿いドライブ旅(Part.1 越前海岸と雪山の景色)

2021冬 北陸の旅
この記事は約5分で読めます。

冬の福井・石川で海沿いドライブを満喫する旅(Part.1 )

暖冬の影響で早くも本格的にスギ花粉の飛散が始まった2月下旬、花粉と黄砂を避けて快適にオープンドライブを楽しもうと、今までロードスターで訪れた事が無かった冬の北陸までドライブ旅に出掛けて来ました。

旅の目的

今回のドライブ旅の目的は大きく4つ。

  • 人混みを避けつつ、海沿いの美しい景色を楽しみながらのドライブと写真撮影を楽しむ
  • 冬の北陸ならではの景色をバックに愛車撮影を楽しむ
  • 天候が良ければ一泊して日没後や夜明けの日本海の景色を楽しむ
  • 北陸ならではのグルメを楽しむ

今回は目的だけ決めて、後は当日の天候と花粉情報次第で目的地を決めるという、今まで一番出たとこ勝負の行き当たりばったり旅になりましたが、天候に加え強運にも恵まれていた様でサプライズな絶景にも出逢えた旅になりました。

日本海側への入り口は雪景色でした

E-M1 1/1250sec ISO-200

旅の初日は湖西道路~マキノ高原~国境高原を経由して福井県へ。
ロードスターにはスタッドレスを履かせていないので、無事に山越え出来るか少し心配していましたがのですが、綺麗に除雪されていたお陰で無事に山越え成功。

水晶浜の景色

E-M1 1/1000sec ISO-200

日本海側にやって来て最初に訪れたのは、水晶浜海水浴場。


【住所  】福井県三方郡美浜町竹波
【営業時間】海水浴シーズン(7~8月)以外は第一駐車場のみ利用可能

 

2020年の海水浴シーズンはコロナウイルスの影響で閉鎖されていましたが、冬季も立ち入り禁止になっているかも?と思っていましたが、第一駐車場の方は駐車可能でした。

E-M1MarkII f/8 1/160sec ISO-200 45mm

薄曇りで余り日差しに恵まれなかったものの、とても綺麗な砂浜と透明度の高い海でした。
ただ、冬季の日本海側の海岸では当たり前の光景の様ですが、物凄い量の漂着ゴミが散乱していたのにはちょっとビックリ。

そんな訳で、砂浜を多めに入れるとゴミまみれな一枚になってしまうので、構図で誤魔化して綺麗な砂浜に立ち寄ったっぽい写真にしてみました。

敦賀湾~越前海岸の景色を眺めつつ石川方面へ

水晶浜に立ち寄った後は、県道33号と国道8号からの敦賀港の眺めを楽しみつつ越前方面へ。

E-M1MarkII f/8 1/640sec ISO-200 40mm

この辺りは何度も走った事がある道ですが、雪化粧した山の景色がひとつ加わるだけで新鮮な気持ちドライブを楽しめたので、ちょっと得した気分になれました。

E-M1 1/2500sec ISO-200

漁火街道に入った辺りにあった海水浴場での一枚。
サンフラワーイエローなロードスターは鳥の興味も惹き付けるのか?
この旅ではウミネコとのツーショット写真が沢山撮れました(笑)


【住所  】福井県丹生郡越前町茂原
【営業時間】24時間営業

 

E-M1MarkII f/1.2 1/26000sec ISO-200 45mm

水平線まで延々と海が広がるとてもシンプルな景色だったので、壁紙用に単焦点で撮ってみた一枚。
愛猫を撮る時の様に愛車が浮き上がった感じをイメージして撮ってみたつもりでしたが、被写体の大きさが異なると、なかなか狙った様に撮れない事を実感。。。
もう少しボケ感を得ようと思うと望遠レンズ(40-150 F2.8 PRO)で撮った方が良かったかも知れません。

この場所は海岸のすぐ傍までクルマで近付ける上に西側に水平線の彼方まで広がる日本海をが見渡せるので、構図次第でもっと壁紙に使いたくなる一枚が撮れそうです。

E-M1MarkII f/8 1/500sec ISO-200 45mm

越前港での一枚。

この辺りはここ数年訪れる度に、続々と海沿いに綺麗な駐車場や施設が整備されており、色々と新しい景色に出会う事が出来た旅になりました 。

雪山とのコラボショット

E-M1MarkII f/2.8 1/3200sec ISO-200 45mm

東尋坊から加賀へ向かう途中、暫く綺麗に冠雪した笈ヶ岳、大笠山の景色が目に入って来ました。

 

この辺りの県道沿いは田畑が広がり視界が開けている場所が多いので、四季を通じて素敵な山の景色とのコラボ撮影が楽しめそうです。

Part.2へ続きます。