ロードスターで行く富士山と小田原の海の幸を楽しむ旅

ロードスターとの日々
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

冠雪した富士山の景色と小田原の海の幸を楽しむドライブ旅行

冬こそオープンドライブシーズン!という事で、冠雪した富士山の絶景と我が家の愛猫グリさんの写真が展示された「ねこにすと展」の観覧を兼ねて(ねこにすと展の記事はこちら)、静岡・神奈川方面へロードスターで旅して来ました。

旅した昨年末は例年になく暖かい日が続いていたので、冬だと言うのに日中は長袖一枚で快適に過ごせ、景色もオープンドライブも思い存分満喫した旅になりました!

クルマ好き・ドライブ好きの聖地「アネスト岩田ターンパイク箱根」


湯河原峠付近からの富士山の眺め

旅の初日は少し富士山を眺めながらのドライブを楽しんでから「ねこにすと展」の会場へ向おうと、沼津で高速を降り、箱根峠からアネスト岩田ターンパイク箱根へアプローチ。

途中、湯河原峠付近で冠雪した富士山が一望出来る場所があったので、この旅最初の記念撮影。
今年は暖冬でなかなか冠雪しなかった様ですが、綺麗に雪化粧した富士山を眺める事が出来ました。


大観山スカイラウンジにて

スカイラウンジの駐車場は頻繁にクルマのオフ会などのイベントが行われている事もあり、いつ訪れても普段街中では見掛ける機会が少ないレア車を見る事が出来て(初めてDB11ヴォランテを見ました!)、クルマ好きには堪らない場所です。

 

アネスト岩田ターンパイク箱根とは

神奈川県箱根町にある大観山~小田原市を結ぶ、全長約14kmの自動車専用道路。
大観山には富士山や芦ノ湖の眺望を眺めながら寛げるスカイラウンジが設けられており、沿道では春は桜、秋は紅葉が楽しめ、道中に設けられた展望駐車場からは相模湾や房総半島の素晴らしい眺望を楽しむ事が出来る観光道路です。

公式サイト:https://www.htpl.co.jp/

 

 


スカイラウンジ2階にあるカフェにて

スカイラウンジ2階には芦ノ湖と富士山の景色を一望出来るカフェがあり、コーヒーやスイーツを頂きながらのんびり過ごす事が出来ます。

 

相模湾や湘南の景色を見下ろせる眺望の良い観光道路


白銀展望駐車場にて

大観山から3キロほど走った標高955Mの位置にある展望駐車場。
相模湾を一望出来るこの場所は、晴れていると伊豆大島を見える絶景が楽しめます。

気候が穏やかな時季に訪れて、景色やターンパイクを走るレア車を眺めつつ、のんびり過ごすのも良いですよ!
(秋にターンパイクを訪れた時の記事はこちら)

 


御所ノ入り駐車場にて

相模湾や湘南の景色を見下ろしながらのドライブを楽しんだ後は、下りの桜並木のコーナー奥にある御所ノ入り駐車場へ。
自動車メディアで頻繁に撮影に用いられており、クルマ好きな方であればお馴染みの場所と言う事もあり、訪れた日も遠方からやって来たクルマやバイク乗りの方が、入れ替わり写真撮影を楽しんでいました。

走り易い道路ですが・・・スピードの出し過ぎには要注意です!!

クルマ好き・ドライブ好きには聖地とも言われるターンパイクは、全線に渡って緩やかなカーブが続いていて走り易い道ではありますが、小田原方面に向けてはダウンヒルな事もあり非常にスピードが出やすい道です。

素晴らしい眺望に見とれて「ながら運転」していると簡単に一発免停になってしまう速度までスピードが出てしまいます(過去何度もスピードの出し過ぎて痛ましい事故が起きています!!)、有料道路なのに白バイのパトロールやネズミ取りによるスピード違反取締が実施されている事もありますので、事故やスピード違反を起こしてせっかくの旅が台無しに・・・なんて事にならない様、くれぐれも安全運転でドライブを楽しみましょう。

 

相模湾の豊かな海の幸を味わえる「TOTOCO小田原」

ターンパイクで箱根越えして小田原にやって来たら是非とも訪れたいのが、2019年11月にオープンしたばかりの漁港の駅 TOTOCO小田原。

漁港の駅 TOTOCO小田原

住所:神奈川県小田原市早川1番地の28
電話番号:0465-20-6336
営業時間: 9:00~17:00
定休日:年中無休
公式サイト:https://www.totoco-odawara.com/

 


日本初の「漁港の駅」としてオープンしたこちらの施設、1階が地元の特産品を扱った売店、2階は相模湾の豊かな海の幸を味わえる海鮮食堂やバルに加え、3階には何とお刺身と10種類の海鮮総菜やスイーツが59分食べ放題のおさしみビュッフェレストランがあります!!

オープン直後にTVでも取り上げられていた事もあり、ビュッフェレストランの方は午前中から1階まで続く長蛇の列が出来ていました。


その日小田原で水揚げされた魚の刺身が頂ける「港のお刺身定食」

海鮮大好き人間な私ですが、残念ながら超が付く少食なので(笑)
ビュッフェレストランはパスして、海鮮食堂でその日小田原で水揚げされた新鮮な魚の刺身が頂ける「港のお刺身定食」を頂きました。
獲れたて新鮮な魚の刺身は最高です!

海鮮食堂では定食以外にも美味しい海鮮がテンコ盛りな海鮮丼メニューもありますので、食欲に自信がある方もきっと満足出来るのでは無いかと思います。

 

随所で富士山と相模湾の絶景を楽しめる「伊豆スカイライン」


池の向駐車場からの眺め
天候が良ければ、富士山と駿河湾の景色が一望出来ます!

せっかく伊豆周辺まで足を延ばしたので、もう少し富士山の眺望を楽しもうと、旅の2日目に伊豆スカイラインへ訪れました。

伊豆スカイライン

伊豆スカイラインは、富士箱根伊豆国立公園内の伊豆半島東部の山稜を走る40.6kmの自動車専用の観光道路です。

相模湾、駿河湾、富士山などの眺めを楽しみながら走ることが出来るドライブウェイで、道路沿線には各所にビューポイントや休憩所が用意され、ゆっくりと雄大な景色をご堪能いただけるほか、大自然の中を走り抜ける爽快さを味わうことができます。

引用元:静岡県道路公社


池の向駐車場からの眺め

残念ながら、この日は富士山は雲隠れしてしまい会う事は叶いませんでしたが、伊豆半島を照らす光芒が過去に訪れた時に見た景色とは違った、幻想的な風景を楽しませてくれました。

この旅では日程の都合で途中で折り返しましたが、伊豆半島の海沿いをドライブしつつ、景色やグルメを楽しむ旅をするのもお勧めです!

伊豆半島の海沿い旅した際の記事はこちら

 

旅の締め括りは富士山と新幹線と愛車のコラボショットで

旅の締め括りは新幹線と一緒に富士山の眺めを楽しもうと、河原までロードスターを乗り入れ出来そうな場所へ立ち寄ってみました。

新幹線の車窓から見える景色が素晴らしいこの場所、川沿いだったので愛車を乗り入れる事が出来れば、新幹線と富士山を一緒に写真を撮れそうだと思っていたのですが、堤防から河川敷へ続く道があったお陰で、狙い通りの場所までクルマで行く事が出来ました。

撮影ポイントへ行く途中、純正状態から2cmダウンの我が家のロードスターで路面がメンバーに当たりそうな場所があったので、極端にローダウンした車は避けた方が良いかも知れません。

 


富士川河川敷にて東海道新幹線をバックに

撮影ポイントに着いた時点は富士山が雲隠れしていたので、先ずは新幹線を強調したコラボショットを撮ろうと、高架橋の真下から撮影してみました。

鉄橋を渡った先に駅があるので相当速度が落ちている筈ですが、それでも曇り空だとなかなかISOを上げずに動きを止めたショットが撮れません・・・。
晴れ間のタイミングを狙って、ようやく満足出来る一枚が撮れました。


富士川河川敷にて東海道新幹線と富士山をバックに

暫く経つと富士山の頂上付近が晴れて来たので、場所を移動して富士山の頂上と新幹線をバックに撮影してみました。

立った位置から撮ると、鉄橋とクルマの間にある余計な要素が入り込んでしまうので、ローアングルで光の差し具合を見計らいつつ露出と絞りを替えながら黙々と撮影に励んで、満足出来る一枚が撮れました。

まとめ

伊豆半島周辺はターンパイク箱根・伊豆スカイラインと言った快走路に加え、あちこちで富士山や駿河湾・相模湾の絶景を眺める事が出来、そのうえ海の幸を初めとしたグルメも豊富に楽しめて、訪れる度にドライブ好きには堪らない場所だと実感させられます。

今回は日程の都合で余り多くの場所に足を運ぶ事が出来なかったので、早くも再訪プランを考え始めています(笑)

皆さんも自分だけのお気に入りの景色を求めて、伊豆を旅してみては如何でしょうか?

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ロードスターとの日々
よっすい.をフォローする
スポンサーリンク
ドライブ旅のホテル探しなら割引クーポンでお得に泊まれる楽天トラベルで!
yossui.com

コメント