【向日葵色のロードスターで行く】北陸の桜を愛でる旅(Part.4 金沢の夜桜と母恋街道千本桜)

2021春 北陸の旅
この記事は約6分で読めます。

福井・石川の桜を愛でる旅(Part.4 金沢の夜桜と母恋街道千本桜)

過去最速で開花宣言が続出した今年の桜シーズン。
週末の天気が安定しない事も重なって近場で桜を楽しむタイミングを逃したので、旅行も兼ねて少し足を延ばしてみようと、今までロードスターでお花見ドライブした事が無かった北陸の桜スポットを巡るドライブ旅に出掛けて来ました。

旅の目的

今回のドライブ旅の目的は大きく3つ。

  • 来年も訪れたくなる様な、お花見スポットを開拓する。
  • 人混みを避けつつ、お花見ドライブと写真撮影を楽しむ。
  • 北陸ならではのグルメを楽しむ。

今回も目的だけ決めて、後は当日の天候次第で目的地を決める行き当たりばったり旅になりましたが、ドライブだけでなく観光もグルメも楽しめた、例年に無く充実したお花見になりました。

 

Part.1 ~ Part.3までで紹介した様に、1泊2日で福井・石川の桜スポットを巡るお花見ドライブを楽しんだのですが、北陸の桜スポットへ旅する事に決めた一番の目的だった河北潟の桜の開花状況が今ひとつだった事もあり、2週続けてお花見ドライブへ行って来ました。

金沢市街の夜桜と夜景

桜シーズン2度目の北陸旅初日は平日の夜に金沢入り。
金沢市街は先週訪れた時点で既に満開の開花状況でしたが、天候が安定していたお陰で見頃の状態を維持していたので、金沢市街の夜桜を楽しんでからホテルへチェックインする事に。

E-M1MarkII f/0.95 1/2sec ISO-400 10.5mm

まずは先週訪れて気に入った桜坂へ。
先週訪れた時に見た日中の景色も素敵でしたが、金沢市街と夜桜の組み合わせは更に素敵な眺めでした!

E-M1MarkII f/0.95 2sec ISO-400 10.5mm

桜坂に立ち寄った後はお堀通りへ。
先週旅した際は奥に見える石川橋の上から夜桜とレーザービームを撮影したので、今度はお堀通りから石川橋をバックに夜桜とレーザービームを撮ってみました。

E-M1MarkII f/0.95 1.6sec ISO-400 10.5mm

こちらは石川橋をくぐり抜けた所にあったバス停から、紺屋坂の夜桜をバックに撮った一枚。
この辺りは2週続けて昼夜共に訪れましたが、夜になると街灯で良い感じに照らされていたのでカメラ片手に夜桜ハントするのも楽しそうです。

あと、コロナ禍の状況下でも日中は人出も交通量も多かったので、愛車を入れて写真撮影するのであれば夜遅くか早朝に訪れた方が良いです。
(今回の旅では朝:7時頃、夜:23時頃に訪れています)

金沢市街で撮影した夜桜と夜景

金沢観光に便利なホテル「ザ・スクエアホテル金沢」

夜桜鑑賞を終えた後は、今回の北陸旅で利用したホテルへ。

先週利用して充実した設備と立地とコストパフォーマンスの良さが気に入ったので、今回もザ・スクエアホテル金沢を利用しましたが、平日だった事もあって1名利用なのにバス付きのツインルームで泊まれて、ちょっと得した気分になりました(笑)

カフェ、大浴場、ジムなどの充実した設備と至る所がお洒落かつ清潔な館内、アクセス面では金沢城公園、近江町市場、尾山神社まで徒歩数分で行ける立地の良さでありながら、休日大人2名でもツイン利用で1万円未満で宿泊可能と最高にコストパフォーマンスが良いお勧めのホテル。

圧巻の4.5Kmの桜並木!「母恋街道千本桜」

E-M1 1/15sec ISO-200

旅の2日目は先週と同じく真夜中にホテルを出て日の出の時刻に合わせて河北潟へ。

湖南大橋から河北潟の堤防沿い道路へ入った所で、月と桜並木を一緒に撮ってみた一枚。
この辺りは1週間前に訪れた時点で7分咲き位だったので既に見頃を過ぎてるかも?と思っていましたが、満開の素敵な桜並木を楽しめました。


河北潟干拓地の桜並木
河北潟堤防沿い道路には内灘町から津幡町(メタセコイア並木がある土地改良区の辺り)約9Kmに渡って続く桜並木があり、そのうち内灘町から金沢市を経由して津幡町に跨る約4.5Kmの区間は「母恋街道 千本桜」と名付けられています。

E-M1 f/5.6 1/200sec ISO-200 45mm

こちらは、湖南大橋から内灘町方面へ少し移動して「母恋街道 千本桜」で撮った一枚。
視界の果てまで続く千本桜に朝陽が射し込む時間帯の様子が余りに美しくて、絶対来年も見に来ようと思った絶景と呼ぶに相応しい見事な桜並木!

E-M1 f/5.6 1/200sec ISO-200 7mm

千本桜に差し込む朝陽を広角で切り取った一枚。
事前にストリートビューと日の出マップを見ながら撮影する場所や時間帯を臨んだ事もあり、イメージ通りの一枚が撮れました。

地元紙が取り上げる程のお花見スポットであるうえに、この道路自体が地元の方の生活道路な事もあり、満開日の日中に訪れるとかなり混雑している様なので、絶景を独り占めしたいのであれば、夜明け前から訪れる事をお勧めします。

河北潟干拓地のメタセコイア並木

E-M1 f/1.2 1/10000sec ISO-200 45mm

母恋街道千本桜の絶景を堪能した後は、河北潟の湖東と呼ばれる地域にあるメタセコイア並木へ。
朝陽を浴びた千本桜を見てこの場所で素敵な一枚が撮れそうに感じたのですが、日の出直後の柔らかい日差しを浴びたメタセコイア並木がとても印象に残る、愛車ポートレート撮影するにはとても良いロケーションでした。

この場所は日中も訪れた事がありますが、愛車撮影するのであれば千本桜と同じく断然早朝がおススメです!

 

河北潟で撮影した桜のある景色
お花見ドライブ 石川県(河北潟 母恋街道千本桜)/滋賀県(高時川堤防桜並木)

Part.5へ続きます