リア用ドライブレコーダーの取り付け

CX-3との日々
この記事は約7分で読めます。

リア用ドライブレコーダーをCX-3へ取り付けました

取り付けに必要な物と大まかな手順について

CX-3納車前に購入していたリア用のドライブレコーダーですが、ディーラーから入手しておいた整備書のコピーとみんカラの整備手帳を参考にDIYで取り付けしてみました。

    • 取り付けに必要な物
      ・内装はがし
      ドライバーなど先が尖った物でも代用出来ますが、安価な物ですし内装を傷付けるリスクを低減するためにも、購入する事をお勧めします。・配線ガイド
      手が届かない隙間に配線を通す際の必須アイテム。針金などでも代用可能ですが、手元に無ければ専用の物を購入する事をお勧めします。・すきまテープ
      適宜配線に巻き付ける事で、走行中の振動などに起因したカタカタ音が出る事を防ぎます。・養生テープ
      内装を剥がす際の内装はがしを差し込む箇所の養生、ドライブレコーダーの位置決め時のマーキングに使用します。・マイナスドライバー/ラジオペンチ
      内装を止めているクリップを外す際などに使用します。
  • 大まかな手順としては、
    1.ACC電源の確保
    2.ACC電源をリアハッチまで配線
    3.リアハッチへドライブレコーダー本体を取り付け
    の流れになります。

 

 

1.ACC電源の確保

助手席側にあるヒューズボックスより、電源取り出しソケットを利用してACC電源を確保しました。
※画像の赤線箇所(No5 F.OUTLET(15A))より確保
CX-3のヒューズは低背タイプとなります。

2.ACC電源をリアハッチまで配線

確保したACC電源をサイドシルの既存配線の配線ルートを利用し、Cピラーを経由してリアハッチまで配線します。

前席から後席にかけてのBピラー部分は手が入らない箇所を配線が通過するので、画像の様に後席から配線ガイドを前席に向けて通しておきます。
配線をカバーしているパネルは引っ張るだけで簡単に外れます。

後席から前席へ配線ガイドを通した状態です。
先ほどの手順で助手席ヒューズボックスから確保したACC電源をサイドシルの既存配線に沿って這わせた上で、配線ガイドを使って後席側へ引き込みます。
この際、配線を傷付けない様に、配線をカバーしているパネルの固定穴を避ける必要があります。

後席まで配線を通せたら、次はリアホイールハウスからCピラーに配線を通す必要があるので、まずはCピラーを部分的に外します。

リアハッチを開けてCピラー付近のウェザーストリップを外した上で、上のCピラー・トリム取り外し/取り付け手順の5に記載があるクリップ(3)を外してから、Cピラーを引っ張って上部に配線ガードを通すスペースを確保します。
スペースを確保したら、ラゲッジルーム側から配線ガイドを後部座席側へ通しておきます。

後部座席のウェザーストリップをCピラー付近まで外して配線を通すスペースを確保し、リアホイールハウスからCピラーに配線を通します。

Cピラーまで通した配線は、予めリアハッチ側から通しておいた配線ガイドを使ってラゲッジルームへ引き込みます。
※画像は後部座席側からラゲッジルームへ配線を引き込んだ後

ラゲッジルームまで配線を通した後は、天井裏を経由してリアハッチへ配線を通す必要があるため、整備書の手順に従いリフトゲートアッパトリムを取り外します。

※手順4に記載のグロメットを繋ぐリードワイヤは、整備書では切断する様に指示されていますが、グロメットを固定している爪をマイナスドライバーで持ち上げつつ、開口部から手を回して押してあげると外れるので再利用可能です。

リフトゲートアッパトリムを取り外した状態です。
次に、天井裏からリアハッチへ配線を通すため、画像の中央部分に移っている蛇腹ホースへ配線を通す必要があるため、取り付け部分の裏側から爪を押しながら外します。

配線のため蛇腹ホースを外した状態。
この状態にしたうえで、ラゲッジルームまで通しておいた配線を天井を経由して蛇腹ホース手前まで通します。(天井の配線を通す部分はクリップで固定されているので、クリップを外して配線を通すスペースを確保します。)

※画像は蛇腹ホースにACC電源を通し終えた状態
蛇腹ホースには既存配線があってスペースに余裕が無いので、ACC電源ケーブルの長さに余裕があれば、左右の配線の埋まり具合を見比べたうえで余裕がある方で通した方が良いと思います。
私の場合、ACC電源ケーブルの長さがギリギリだったため左側を通さざるを得ませんでしたが、左側は本当にスペースに余裕が無かったため力技で通しました。

3.リアハッチへドライブレコーダー本体を取り付け

ここまでACC電源を通せたら、通電確認を兼ねてドライブレコーダー本体を取り付けます。
この時、蛇腹ホースへ力技で配線を通したためMiniUSBコネクタが変形してしまい焦りましたが、マイナスドライバーを駆使して変形を修正し事無きを得ました(^_^;)

いきなりエイっ!と両面テープで固定してしまうと水平が出せない事必至なので(笑)
画面を見ながらベストな位置を確認し養生テープでマーキングしてから両面テープ固定しました。

ドライブレコーダー本体の固定が終わった状態。
後は配線をすきまテープでカタカタ音対策してから、リフトゲートアッパトリムなど取り外した部品を元に戻して作業完了です!

多少面倒な手順がある事と、手先が器用な方でも最低1時間は掛かるので纏まった時間が必要ですが、既存配線や部品の加工が無い分、DIYで取り付けるハードルはそれ程高く無いかな?と思いました。

運転席から後方を見た画像です。
取り付けたドライブレコーダーの形状が正方形な事もあり、若干後方を見た時に目立ってしまいますが、バックする際に危険なレベルで視界を防ぐ事も無いので、私的には許容範囲内かと思っています。

プライバシーガラス越しにドライブレコーダーが見えますし、万が一煽られても至近距離であればナンバープレートも判別可能なので、煽りドライバー対策として役立ちそうです。

今回取り付けしたドライブレコーダー(Yupiteru WD300)のサンプル動画です。

ドライブレコーダー用のmicroSDカードは高耐久タイプを使いましょう!

ドライブレコーダーは車内に設置するため、四季を通じて非常に過酷な環境に晒されます。
しかし、一般的なmicroSDカードでは高温な環境での使用が想定されていない(使用温度範囲が0~55度程度)ため、せっかくドライブレコーダーを設置したにも係わらず、カードが故障していて録画されていなかった・・・なんて事に繋がりかねません。
また、安価に販売する事を優先しているため、記憶用のチップにはTLCと呼ばれる書き換え可能回数が少ない物が用いられています。

そこでお勧めしたいのが産業用・高耐久などと呼ばれるタイプのmicroSDカードです。
その名の通り、過酷な場面で用いられる事が多い産業用途にも耐え得るために様々な強化が施されています。
・使用温度範囲の強化(-25~85℃)
・ひねり・曲げ・落下といった強い衝撃への強化
・電源瞬断時のデータ損傷が起こりにくい耐性を備えた設計
・TLCより5~10倍程度書き換え可能回数が多いMLC Flashの採用

コメント

  1. 24カエル より:

    本格的なDIY ですね。
    参考にさせてもらおうと思いましたが、とても私には真似できそうもありません(^^)
    秋のドライブに向けて準備完了ですね。楽しんで下さい。

    • よっすい. より:

      こんばんは。

      私は電装品の知識無いですし、手先もそれほど器用ではありませんが、事前にじっくり下調べしておいたお陰で取り付け出来ました。
      フロント側もDIYで取り付けたのですが、量販店などに依頼すると1万以上は工賃を取られるので、浮いたお金でどこかへドライブに行ってこようと思います(^^)