2代目CX-3の正式契約

先週ハンコを持って行かずで仮契約状態だった2代目CX-3の正式契約と、納車に向けた段取りの打ち合わせするため、ディーラーへ行って来ました。

先日決めた発注内容を再度確認したうえで「注文内容を変更出来る最後のチャンスですが、ファイナルアンサーでよろしいですか?」と、営業マンから何度も念押しされましたが、オトコに二言は無いので押印して発注確定(^^)

その後、納車に向けてのスケジュール表を提示頂いたのですが、既に大まかな生産予定が確認出来ている模様で、7月中旬生産、8月最終週納車の記載が。

年次改良モデルの発表からそれ程経っていないタイミング&7月から生産開始な事を考えると、既に半月分のオーダーがある様なので、程々には売れているみたいですね。

勘の良い人ならお気付きかと思いますが・・・
せっかくの箱替えなのに、視覚的に変わり映えを感じないのもアレだよね?って事で、

初代よりアップグレードしてナッパーレザーなモデルを選びました^^


正式契約とスケジュール確認を済ませた後は、i-ActivSenceに関する重要事項説明なる儀式が。

今のCX-3を買った時にはこの様な説明が無かったのですが、ここ1、2年ほどi-ACTIVSENCEに関するクレーム紛いの電話がマツダ本社にジャンジャン掛かっているらしく、「各販社はi-ACTIVSENCEに関する正しい説明を行っているの!?」と教育的指導があったそうでw
それ以来、クルマを購入した顧客には必ず説明を行っているそうです。

(実際に私は説明を受けませんでしたので)ディーラーが丁寧に説明して来なかった経緯も一因である事は否めないと思いますが、ユーザー側もクルマを購入する際に、もう少し興味を持って自動ブレーキなどの運転支援装置のメカニズムや信頼性について、情報収集し理解を深めれば、クレーム紛いの電話を掛けるなんて事は考え付かないと思うのですが・・・(^^ゞ

と、ここまで書いてふと思い出しましたが、搭載している装置のレベルが「運転支援レベル」しか実現出来ていないにも係わらず、「ぶつからないクルマ」とか、「自動運転」と言い切ったりとか、ユーザーに事実誤認させてしまう様な広告宣伝を行って来たメーカーの売り方に一番問題がありますよね。

話がタイトルから脱線してしまいましたが(笑)
これで暫くは生産日待ちモードに入りましたので、それまではドライブレコーダーと相変わらずシングルでショボイ音だった(笑)ホーンの品定めでもして過ごそうと思います。

コメント

  1. ドい~ら より:

    ホーンは日本では鳴らさないこともあり、保安基準満足してりゃいいという扱いが多いのでしょうがないのですが、それでもマツダはトランペットホーン使ってるだけマシです。
    ただ、ラッパへの水入りを懸念して防水カバーをつけることが多く、どうしてもしょぼい音になりがちです。
    しかもシングルホーンなので豆腐屋のラッパみたいになってしまうのです。
    アクセラには以前、ダブルホーンにするための追加オプションがあったのですが、今はないようです。
    そこでお勧めは、DENSO JHORN HYPERです。
    https://www.denso.com/jp/ja/products-and-services/automotive-service-parts-and-accessories/horn/
    このホーンはCX-5に標準搭載されていますが、シングルでも前方にも音を出す構造なので、そこそこいい音がします。ダブルで使えば音色はバッチリです。
    水入りを気にしない場所に取り付けられるなら、JHORN POWERDもお勧めです。
    海外向けのレクサスが採用しており、音圧は世界一と自負しております。
    どうぞ、ご検討ください。

    • よっすい. より:

      こんばんは。

      おぉ~~~!
      ちょうど2代目CX-3のホーンを何にしようかな?と調査を始めようとしていた所だったので、コメント頂いて嬉しいです!!

      コメント頂いたリンクを早速チェックしてみましたが、DENSO製の安心感に中々良い音色、しかもネット通販だと安価に購入出来る事が分かったので、俄然購入候補になりました(^^)

  2. オコシスト より:

    こんばんは。

    ホーンの音は相変わらずなのですねえ(笑)

    i-ACTIVSENSEの説明ねえ。

    あったかな?たぶんなかったな。

    というか、それってなんだっけ?って、さっきググっちゃいました。
    安全性能は大事なとこなので、本来は顧客もある程度知識を入れておくのが普通かなあとは思いますよね。
    同じようなものでも、メーカーによって差異があるわけですから。

    • よっすい. より:

      こんばんは。

      念のためと思い音を確認させて貰ったのですが・・・ふわ~~~んと、外観デザインと比較して超ギャップを感じる、貧相な音でした(^^ゞ

      CX-3が発売された頃って、ようやくi-ACTIVSENSE(に類似する予防安全装置)が一般的になり始めた頃でしたので、販売現場の方も説明の必要性を感じていなかったのか?パンフレット配布を含め説明が無かったですよね。

      補助装置とは言え、安全性能の担保を補助するうえで大事な物なので、仰る通り本来は顧客もある程度知識を入れておくのが普通ですよね。

  3. ナカムラ より:

    私も今回のロードスターでi-ActivSenceは「読んでおいて下さい」だけで説明は受けてないです。
    でもあれを全て説明してたらとてつもなく時間が掛かるので現実的に無理でしょうね。
    それでなくても今の車はハイテクでデミオ納車時はマツコネの説明だけでもかなりの時間を要しましたからね。
    まぁ今回は2度目のマツコネなので説明はスルーしてもらいます。

    • よっすい. より:

      こんばんは。

      私の場合、事前に購入対象の車種について念入りに調べるタイプ&旧型オーナーと言う事もあって、殆どの内容を端折って貰いましたが、全く無知な顧客相手に1から丁寧に説明すると考えると、大変な労力ですよね。
      営業マンと会話していると、顧客毎にどの程度丁寧に説明すれば良いか?試行錯誤している様に見受けられました。