CX-3 PCMリプロ失敗の顛末

先日PCMのリプロに失敗して暫くディーラーへ入院する事になった我が家のCX-3。

その間、ドライバーも入院しておりましたが(笑)
先日無事リプロが完了したとの連絡があり、愛車を受け取って来ました。

p_20161009_131020_hdr-edit
CX-3の入院中代車で借りていたガソリンデミオ。

p_20161009_132536
新車臭が強いな〜と思っていたら、まだ走行100km強と卸したてホヤホヤでした。

結局ディーラーと自宅との往復しか試乗する事が出来ませんでしたが、遮音性能、乗り心地、街乗りの速度域では充分な動力性能、扱い易いサイズ感と、街乗りメインで使うクルマには最適だと思いました。

ディーラーへ到着し、担当サービス氏より、今回の対応の顛末について説明がありました。

za100006
納品書の記載内容(1枚目)

■10/2(日)
PCMリプロ失敗、代替品手配(先日ブログに記載した時点の状況)
→この時点での納期は最短10/14(金)でした。

■10/3(月)
初めての事例のため、専門のエンジニアが原因調査する事になり、ディーラー本社へ搬送。
PCMを解析した所、更新プログラムが一部適用された状態で転送処理がフリーズしていた事を確認。
一旦PCMを初期化した後、更新プログラムの配布サーバーへ接続し、再度更新プログラムを適用した結果、無事プログラムを更新する事に成功。
→この時点で納期が最短10/7(金)に短縮されたため、その旨連絡ありました。

■10/6(木)
本社のエンジニアによって、リプロ後に必要な各種再設定と更新プログラム適用結果の確認作業を実施。
→確認の結果、問題無しの判定が下ったため、予定通り10/7(金)に対応が完了する旨連絡があり、10/9(日)にクルマを受け取りました。

最悪の事態を想定し、ディーラー本社での対応を進めつつもPCMの代替品は手配済みだったそうですが、対応が上手く行ったため、結果的にPCM交換は行わなかったとの事でした。

私自身の入院もあり、当分CX-3に乗る予定が無かったので、担当サービス氏には「出来た時納期で良いですよ」とお伝えしていたのですが、一日でも早く対応を完了出来る様に手を尽くして頂いたお陰で、当初予定より1週間早く愛車が帰って来ました。
日頃から店舗スタッフの皆さんと良好な関係を築いていたお陰ですね^^

諸々の説明に関しても、平易な表現で物凄く丁寧に説明してくれたので、クルマの事に全く疎い嫁も、今回の対応内容についてしっかり理解出来た様です(^^ゞ

説明の中で、今回のリコール対応について注意が必要な内容がありました。
リプロに伴い失火判定がかなりシビアに行われる様になるため、実際には失火していなくても、エンジンチェックランプが点灯する事例が僅かではあるが発生しているとの事で、万が一エンジンチェックランプが点灯した場合は、本当に失火に伴う点灯かを確認するので、入庫して下さいとの事でした。
尚、制御プログラムは鋭意改善を図っており、今後も随時更新版をリリースするそう。

納品書2
納品書の記載内容(2枚目)

自宅に戻ってから気が付いたのですが、納品書の2枚目に「今後の使用過程において部品の劣化等で煤量が増えた場合には・・・」と気になる記載が。
これってメーカーとしてどの程度での劣化を想定しているんでしょうね?
劣化して交換が必要となる部品の価格にもよりますが、余りに短期間かつ工賃を含め対応費用が高額であれば、頭が痛いですね。。
そのうちディーラーへ訪問する用事が出来ると思いますので、その際に確認しようと思います。

p_20161009_164420_hdr
せっかく早くCX-3が帰って来たので、急遽予定を捻じ込んで(笑)
250kmほどドライブしてみました。

リプロに伴い燃費やフィーリングがどの程度変わったのか興味深々でしたが、一般道を流れに合わせて走っている限りでは、全くと言っていい程変化を感じませんでした。
嫁があらゆるGに弱く、普段からかなり丁寧なアクセルワークを心掛けている事もあり、私の運転スタイルでは違いが出ない様です(^^ゞ

そこで発進時に意図的にラフにアクセルを踏み込んでみたのですが・・・リプロ前では感じられたアクセルレスポンスのズレがかなり改善されていました。
以前だと一呼吸置いて唐突にパワーが出るため、ラフなアクセルワークをしてしまうとギクシャクしてしまったのですが、その点がかなり改善されている事を実感出来ました。

燃費に関しては、大阪→京都→滋賀を往復(全て国道で1号→24号→8号→421号→307号を走行)しましたが、3連休だった事もありかなりの渋滞に巻き込まれたものの、マツコネの燃費表示で平均21km程度をマークしました。
高速での燃費を確認していないため断言は出来ませんが、一般道での燃費に明確な悪化を認められなかったので、高速でも少なくとも悪化している事は考え難いのでは?と思っています。

リプロに伴うドライバビリティの悪化が無い事が分かり、取り敢えず安心しました。

p_20161009_165058_hdr
実家へ帰省する途中、納車から1年4ヶ月経てようやく8,888kmに到達しました(笑)
このところCX-3で余り出掛けていないので、この冬はロングドライブを楽しみたいと思っています(^^♪

コメント

  1. 美味礼賛 より:

    こんばんわー
    なんか最近の車ってCPUとか電子機器がアチコチに入ってるとかで運悪いと簡単に動かなくなるんですね・・・
    旅先でそんなことになったらと思うと今更ながらにちょっと怖くなってきましたよ><

    • よっすい. より:

      こんにちは。

      ここ10年程前から、クルマの制御も各機器とのネットワークがLAN化されたり、専用OSで統合制御されたりと、急速にPCチックになりましたよね。
      現代のクルマに求められる性能、機能を満たそうとすると仕方ないのかも知れませんが、その分不具合も多いので、一長一短ですよね。

      街中で動かなくなってもそれ程困りませんが、旅先で僻地に行った時にトラブルが起こったら怖いですよね(+_+)

  2. カフェラテ より:

    無事にリプロ完了できて良かったですね!
    それにしても失敗なんてあるんですね(^_^;)
    私もそろそろリプロ行こうかな…

    • よっすい. より:

      こんにちは。

      突然PCMがご臨終しました〜と言われた時はビックリしましたが、無事にリプロが完了してホッとしました^^

      ディーラも作業中にPCがフリーズするのは想定外だった様で、なかなか再起動出来ないし、再起動しても今度はCX-3側が反応しなかったりと、かなり焦ったそうです^^;

      リプロ後はアクセルレスポンスが改善されていましたので、その点に不満を感じておられるのであれば、フィーリングに満足されるのではと思います。