CX-3で行く冬のビーナスラインドライブ(1日目)

2019冬 長野の旅

2019年初めての旅は長野方面で雪道ドライブを楽しんで来ました。(諏訪湖~ビーナスライン)

真冬もガッツリドライブを楽しみたい。 そんな思いもあって購入したセカンドカー&スタッドレスタイヤ。 CX-3の購入から3年目の昨年にようやく雪道ドライブデビューしましたが、その楽しさと冬ならではの景色の美しさの魅力にすっかりハマってしまい、今年の年始も銀世界の絶景を求めてCX-3で雪山へ旅して来ました。

 

今年は3が日を自宅でのんびり過ごして4日から旅に出ようと思っていたのですが、年末に何気に諏訪湖辺りの宿をチェックすると空きがあったので、思わず同僚にお願いして二人分予約してしまいました。
そんな訳で3日から始動する事に。

高速を乗り継いで長野へ

早朝に出発して、名神~東名~中央道と高速を乗り継いで長野へ向かいます。
多賀辺りで結構な雪に見舞われましたが、


中央道に入る頃には天気予報通りに天候も回復し


ソウルレッドの深みのある陰影が綺麗に出るいいお天気に。


世間とは始動するタイミングがズレていたので渋滞に巻き込まれる事もなく、


マイペースに走って4時間ほどで諏訪湖に到着。
おぎのやの看板が無ければ諏訪まで来た事が分からない構図ですね(笑)

諏訪湖グルメと言ったら鰻ですよね?

合流した後は、午後のドライブに備えて腹ごしらえ。
諏訪湖グルメと言ったらうなぎだよね~という事で、3が日から営業していたうなぎ屋さんへ。

うなぎ古畑
住所長野県諏訪市湖岸通り5-15-3
TEL0266-52-1167
営業時間11:30~15:00(ラストオーダー 13:50)
17:00~21:00(ラストオーダー 19:50)
定休日毎週水曜 ※別途月に1回連休あり

正月の開店直後だと言うのに結構お客さんが入っていましたが、津の人気店並みのレスポンスでオーダーしたうな重が運ばれて来ました。
気が短い関西人には地味にポイント高いです(笑)


運ばれて来たうな重を見た瞬間、値段の割にはうなぎの量が・・・と感じましたが、食べ進むとご飯の中にもうなぎが潜んでいました。


9月の浜名湖遠征以来のうなぎ屋さんで食べるうなぎでしたが、関西風に慣れた私でも程良い食感を感じる蒸し加減なうえに濃過ぎないタレの味も好みで、とても美味しいうな重でした。

食後は霧ヶ峰側から東向きにビーナスラインをドライブする事にして、県道40号(諏訪白樺湖小諸線)からビーナスラインへアプローチ。

良い天気だったので諏訪湖の眺望を楽しみました

道中に諏訪湖の眺望で有名な立石公園があるので立ち寄りましたが、有名な場所だけあって、眺望以外何にも無い場所ですが結構な人で賑わっていました。


初日から晴れの諏訪湖と飛騨山脈の景色が見れて、今年は年始からツイています!

雪不足だったこの冬のビーナスライン

県道40号を霧ヶ峰方面へ向けて高度を上げていくと、標高1,300m辺りから冬の雪国らしい道が現れ始めましたが…


霧ヶ峰まで辿り着いても暖冬の影響なのか?
山肌が露出している場所が多くて一面の銀世界には結構足りない感じ。


それでも銀世界が多めな景色は夏や秋とはガラッと雰囲気が感じられ、交通量が少ない事もあって、都会では感じる事が出来ない静寂に包まれた世界。


富士山も初日から出迎えてくれて気分を盛り上げてくれます♪
昨年の奥飛騨の銀世界も素晴らしかったですが、やっぱり富士山を望む景色は格別ですね。
天気に恵まれ見晴らしが良いので氷点下4度の気温にもめげず、素手でシャッターを切りまくりました(笑)


その後は場所を変えつつ眺めが良い場所へクルマを止めて、景色を楽しみながらビーナスラインをドライブ。


踊場湿原付近からの富士山の眺め


CX-3と一緒に

霧ヶ峰だけ銀世界でした

少し走るとようやく銀世界らしい場所があったので、一面雪道な場所で記念撮影。

背景も銀世界成分が多いので、雪国に訪れた実感が湧いて来ます(笑)

銀世界と青空の中の景色とソウルレッドなCX-3の組み合わせが滅茶苦茶映えるな~と悦に浸っていたら、ソウルレッド仲間が登場してテンションアップ!

これ以外にも何台かロードスターを見掛けましたが、氷点下の雪道をオープンドライブするのも楽しそうですね。


風も穏やかだったので少し周辺を散策。


冬カフェの看板に3人とも一瞬テンションがあがりましたが、やっぱり休業でした。。。


絶景カーブをバックに写真を撮っていると…


ちょうどいい感じに雲の切れ間から光が差して来たので、タイミングを見計らって撮った一枚。
ソウルレッドの深みのある艶と陰影がCX-3のシャープな造形をより際立たせてくれて、天候や光源の違いによる様々な表情を楽しみたいために色替えした我が家にとって、至福のひと時でした!


絶景カーブの眺めを楽しんだ後は

混雑していた富士見台をスルーして、

眺めが良さそうな駐車スペースで富士山鑑賞。
駐車場にアプローチする道がかなり手前からアイスバーンになっていて、進入の為に軽くブレーキを掛けただけでABSが作動したので一瞬焦りました。。。

愛車をバックに良い感じで富士山が納まるので、一台ずつ記念撮影。

天候が良さそうなのでリフトで山頂からの眺めを楽しむのも良いかな?と思ったのですが、翌日の方が更に天気が良さそうなのでスルーして、

シーズン前だった女神湖

氷上走行を見学しようと女神湖へ向かったのですが、


まだ路面作りに励んでいる状況で見学出来ずでした。。。

女神湖センターでお茶していると、観光客らしき人が湖面へ入って遊んでいるのが見えたので


せっかくなので私達も氷上歩行してみました。
次回訪れる時は氷上走行見学したいですね。


ここで友人とはお別れして、職場の同僚と2台で今晩の宿へ。


日が沈み掛けて来ると、日中溶けた雪がアイスバーン化して来るので、余りペースを上げて走ると轍にハンドルを取られ易くなって怖いですね。

一日の締めくくりはメルヘン街道からの夕焼け鑑賞でした

メルヘン街道と交差する辺りで天狗岳が夕焼けで綺麗に輝いていたので、バックにこの日のラストショット

初日から絶景のビーナスラインと富士山に出会えてラッキーな一日でした!

夜はホテルのレストランで軽く一杯飲んでから、ゆっくり温泉で疲れを癒して旅の1日目を終えました。

この日の走行距離 420Km

コメント

  1. アロンソン より:

    YOSSUI.さんの仰る通り白も良い色とは思いますが、銀世界では赤の方が雪と車、景色がそれぞれ際立って良い写真になりますね。いつもきれいだな~と思ってみてます!

    • よっすい. より:

      こんにちは。

      以前乗っていたセラミックメタリックも、塗装の硬質な質感がCX-3のシャープなラインと合っていて気に入っていたのですが、原色系なボディーカラーが好きな事もありますが、やはり赤の方が景色に映えていい写真になりますね。
      一緒に旅していた友人もアロンソンさんと全く同じ事を言ってました!