第1回ひまわりミーティング(Part2)

今年のGWはInstagramでフォローさせて頂いているお友達からオフ会のお誘いを頂いたので、中部地方まで遠征して来ました。

Part1はこちらからどうぞ

自由行動の後は、この後予定があったsoichiro0318さんとはトヨタ博物館でお別れして、mtblue014さんの先導で、他の参加の皆さんと鞍ケ池公園までプチツーリングする事に。

ツーリングの際に撮った写真を見たchiemigさんが「こんな写真撮られたいー」とコメント下さっていたのを思い出したので、バックショットのモデルになって頂く事に(笑)


鞍ケ池公園までは僅か30分足らずの距離なんですが、前も後ろもサンフラワーイエローなロードスターに囲まれて俄然やる気スイッチが入ったので、いつも以上に数撃てば当たる!の精神で画角、シャッタースピード、F値を色々試しつつシャッターを切りまくります!

プチツーリング中のショット
E-M1(M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO)
焦点距離:25mm (トリム有り) 絞り値:f/16 露出時間:1/30秒 

この日のツーリング撮影のためにNDフィルター(ND16)を導入したのですが、晴天下で撮っても露出過多で全滅なんて事にならなかったので、まずまずの成果が得られました。

ただ、この日の様な晴天下でスピード感のある画を得ようとシャッター速度を落とすと、減光効果が足りず絞り過ぎになってしまうので、もう少し減光効果が高いNDフィルターをゲットする必要がありそうです。


E-M1(M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO)
焦点距離:25mm 絞り値:f/16 露出時間:1/30秒

愛車のトランクを入れて、ツーリング感を演出してみました^^


E-M1(M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO)
焦点距離:25mm (トリム有り) 絞り値:f/16 露出時間:1/30秒 

偶然撮れていた、木漏れ日を浴びているタイミングでのショット♪
こう言った目まぐるしく明るさが変わるシーンでの撮影は手振れが起きやすくて、手振れ補正が3軸な初代E-M10で撮っていた時は露出時間が1/40秒でも歩留まりが低かったのですが、手振れ補正が5軸なE-M1で撮影する様になってからは、かなり歩留まりが改善されました。


E-M1(M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO)
焦点距離:25mm (トリム有り) 絞り値:f/16 露出時間:1/30秒 

ツーリング中の撮影機材としてのマイクロフォーサーズの優位性

絶対的な画質で選ぶと他に選択肢があるのでしょうが、私の様にツーリング中の片手ノールックショットを駆使したりする使い方だと、画質よりも思い付いた時にサッと取り出して撮影出来る(する気になれる)フットワークの良さと手振れ補正性能が優先されます。

そんな要求事項を満たしてくれるマイクロフォーサーズは、とても良い撮影機材だと感じています。


E-M1(M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO)
焦点距離:27mm (トリム有り) 絞り値:f/16 露出時間:1/30秒

ツーリング中に撮った写真で一番気に入った一枚。
サンフラワーイエローなロードスター(MX-5)が複数台でツーリングしているシーンを撮った写真は余程珍しい様で、Instagramでいつも以上に海外の方から沢山コメントを頂いてビックリしました(^^ゞ


コンビニでソウルレッドなCX-3とプチオフしてから(嘘ですw)
目的地のおはくら会場へ。


E-M1(M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO)
焦点距離:25mm (トリム有り) 絞り値:f/3.2 露出時間:1/100秒 

絶望的な歩留まり率に備えて保険でオート撮影した一枚。
何故か撮影体勢が窮屈な筈のバックショットに比べフロントショットはかなり歩留まりが低かったので、撮っておいて正解でした(^^;)


E-M1(M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO)
焦点距離:25mm 絞り値:f/11 露出時間:1/30秒 

フロントショットで唯一スピード感のある画が撮れた一枚。

鞍ヶ池公園でのショット

前も後ろもサンフラワーイエローなロードスターに囲まれて、とても幸せなプチツーリングを終えて2次会会場へ到着。

写真には写っていませんが、駐車場にTRDなMTの某トヨタ車が止まっていて、私を含め皆さんガン見していました!
失念しましたが「まるでレア車ミーティングですね~」と参加者の方が言ってましたが、確かにお互い相当レアな個体の組み合わせですよね。


クルマの並びが変わったので、再びガッツリ撮影タイムを楽しみます。
mtblue014さんとのツーショット。
フロントリップ効果もあって、ローダウンしている筈の私の愛馬がノーマル車高に見えますね^^


ブラックなホイールとサンフラワーイエローの組み合わせはスポーティー感がアップして、走り方向のドレスアップにはとても合ってますね。
先立つ物が無いので妄想に終わりそうですが、私もサートラ用のホイールに欲しくなりました。


chiemigさんとのツーショット。
・・・やっぱりノーマル車高に見えてしまいますね(^^ゞ


皆さん思い思いに写真撮影を楽しんだりクルマ談義したりしつつ、のんびりと過ごします。


E-M10(M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 ⅡR + FCON-P01)
焦点距離:14mm 絞り値:f/8 露出時間:1/400秒 

この日はなんちゃって魚眼の出番が無かった事を思い出し、慌てて撮った一枚。
こんな一枚が撮りたくて手に入れたので、ようやく活躍の場を得られて大満足です!


マツダファンフェスタ名物のAZ-1トンネルに対抗して?
向日葵トンネルを撮ってみました^^


皆さん熱心に撮影に励んでいたので、Instagramの投稿が楽しみですね!


ひとしきり撮影を楽しんだ所で皆さんのロド談義に加わっていると、chiemigさんのリア側のナンバープレートにCUSCOのラップホルダーが付いている事に気付きました。

物の用途を考えると微妙な価格設定なので購入に二の足を踏んでいたのですが、取付手順を実演して頂くと超簡単かつ確実に脱着出来る事が分かったので、今度MFCTへ参戦する時までにはポチってしまいそうですw


E-M1(M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO)
焦点距離:12mm 絞り値:f/6.3 露出時間:1/40秒 

皆さんとロド談義で盛り上がっていると、2次会会場に向かって榊さんがイイ音を響かせながら向かって来るのに気付いたので、待ち構えて激写してみましたが…
流し撮り感を得ようとシャッタースピードを落とし過ぎてしまい、少しピントが甘くなってしまいました(^^;)


これまたレアなRパッケージなRSの榊さんの愛車。
2次会のためにわざわざ仕事を終えてからお越しになられたそうで、貴重な個体を見せて頂いてありがとうございました!


新たな参加車両が加わったので再び撮影タイムを楽しんだ後は、


E-M1(M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO)
焦点距離:12mm 絞り値:f/6.3 露出時間:1/40秒 

chiemigさんの彼氏さんにリクエストして流し撮り撮影会を開催。


E-M1(M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO)
焦点距離:12mm 絞り値:f/6.3 露出時間:1/40秒 

会場付近を4往復ほどして頂いたのですが、曇天な状況なのに榊さんを流し撮りした時と同じ設定で撮り続けていたので、スピード感はそれなりに出せたものの全体的にピントが甘めになってしまいました。。。
今度撮影する機会があれば、晴天下でリベンジしたいですね。


その後も暫く皆さんとロド談義させて頂いた後、2次会もお開きになったので最寄りのICから高速へアプローチして・・・


途中のSAで3次会してから?
浜松のホテルへチェックインして一日を終えました。

以前からサンフラワーイエロー乗り同士で集まる機会があれば、是非参加してみたいと思っていたのですが、実現して下さったchiemigさんには本当に感謝です!
既に第2回ひまわりミーティングの企画も立ち上がっているので、今後も定期的に開催して皆さんとニヤニヤしたいですね^^

この日ご参加の皆さん、楽しいひと時をありがとうございました!
またひまわりミーティングでお会いしましょう♪

『第1回ひまわりミーティング(Part2)』へのコメント

  1. 名前:ナカムラ 投稿日:2019/05/15(水) 00:38:41 ID:e749eeadb 返信

    こんばんは
    これだけ揃うと素晴らしいですね〜
    それにしてもサンフラワーイエローは346台しかないとは知りませんでした
    希少な車なんですね
    末長く乗って下さい。

    • 名前:よっすい. 投稿日:2019/05/16(木) 18:07:05 ID:907d1c61e 返信

      こんばんは。

      そうなんです。販売期間が僅か1年足らずと短かった事もあり、マツダが保持する車両を含めこれだけの数しか生産されなかったんですよね。

      夫婦揃って愛着が湧き過ぎて他に乗りたいオープンカーも無いので、これからも大切に乗り続けたいですね。