MFCT筑波遠征ツアー(TC2000初走行編)

9月初旬は念願の筑波サーキット走行のため、関東へ遠征して来ました。
▼▼▼ 前日までの模様はこちらから ▼▼▼
初日・2日目(栃木ツーリング編)
3日目(マツダファンサーキットトライアル参戦編)

MFCT(マツダファンサーキットトライアル)筑波ラウンドで、念願叶ってTC2000を初走行してきました。

□1本目(8:45~9:00 気温29℃)
1本目はパレードランで1周した後のアタック開始でしたので、パレードランが初コースインな私にとっては、全開走行前にコースを体験出来てラッキーでした(笑)

筑波サーキット
Photo by yukio
パレードラン終了後、ピットロードで友人を降ろして、いよいよアタック開始!

5年振りのモータースポーツ走行に加え、TC2000初走行のヘタレなので、勿論DSCはONで走行します^^

アウトラップ後の1ラップ目は実質的なオープニングラップなので、皆さん第2ヘアピン辺りまでマイペースに走るのかと思っていたら、第1コーナー出口から猛ダッシュ!!
ペースに全く付いていけないお陰で、カルガモ走行でラップタイムを吊り上げる作戦が、早くも破綻する事に。。。(-_-;)

筑波サーキット
Photo by yukio
それでも何とか前に追い付こうと頑張りますが、第2ヘアピン手前の時点で、既に前を走る26号車の姿は殆ど見えない状態^^

26号車のドライバーさん、ご丁寧に走行前わざわざ私の待機場所に来られて「私遅いと思うので、ちゃちゃっと抜いて下さいね~♪」なんて仰っていたので、「ドコが遅いねんっ!」とツッコミを入れながら走っていました(笑)

そんな事を思いつつ、第2ヘアピンを抜けバックストレートから最終コーナーへ進入し、いよいよタイムアタック開始!
なのですが・・・
岡山の第2コーナーや最終コーナーと変わらない速度域な上に、Rの具合で進入時に出口が見えないので、黒蜂71号車さんの車載で認識していた速度では怖くて進入出来ません^^;

そんな訳でホームストレートで車速が伸びないまま、第1コーナーの進入を迎えます。
車速が伸びない分、進入時の減速を遅らせてリカバリーしようと試みますが・・・

筑波サーキット
Photo by yukio
そんな腕が無いのに無理するものだから、リアが暴れて逆にタイムロス。。。(-_-;)

第1コーナー脱出から第1ヘアピンはそれなりの速度で走り抜けましたが、ダンロップも出口が見えないので、最終コーナーと同じく、怖くて黒蜂71号車さんみたいに突っ込めませんでした^^;

筑波サーキット
Photo by yukio
競技自体は1ラップ目から前方がガラ空きで、暫くクリアを確保出来ていたのですが、5ラップ目以降はずっと前方が塞がってしまい、結局チェッカーが振られるまでクリアを確保出来ず仕舞い(>_<)
岡山の約半分の距離で同じ台数が走行しているので、改めてTC2000ではクリアを確保するのは難しいなぁ~と実感しました。

結局1本目は4ラップ目に記録した1’14.081がベストラップで走行終了。
7月のMFCT岡山のタイムを考慮して13秒前半は出したいと思っていましたが、目標に1秒程届きませんでした。
久々にスポーツ走行するブランクを考えても、ちょっと遅いよなぁ~と凹んでしまいました(^^ゞ

□2本目(14:45~15:05 気温34℃)
1本目で5ラップ目以降グダグダになってしまった事を反省して、アウトラップ後4~5ラップ目までタイムアタックして、その後はクリア確保出来たラップだけ頑張る作戦を取る事に。

筑波サーキット ロードスター
Photo By 蒼い弾丸?さん

1本目の走行後、出来さんよりブレーキで頑張り過ぎとの指摘を受けたので、丁寧な進入を心掛けて走ったんですが・・・

MFCT筑波 ロードスター
Photo by yukio

丁寧な進入を意識し過ぎた様で、全体的に1本目より減速し過ぎで全然タイムが伸びません^^

タイムを左右すると聞いていたダンロップと最終コーナーも・・・

MFCT筑波 ロードスター
Photo by yukio

やっぱり怖くて踏めず仕舞い(>_<)

1本目で多少コースとスピード感に慣れた感があったので、目標タイムを達成出来ないかな?と淡い期待を抱いていましたが、2本目は5ラップ目に記録した1’14.139がベストと、結局1本目の記録更新とはなりませんでした。

2本目ベストラップ&怪奇現象の瞬間 車載映像


最終コーナー突入の瞬間に突然、一瞬パワーOFFになってナビが再起動しています(笑)
後日の点検で車両に問題無い事を確認出来たのですが、走行中はエンジンを壊したかと半ベソ状態で走行していました^^;

初めてTC2000を走行してみて、コース全長の割に高速コーナーやブレーキコントロールの上手さが要求されるコーナーが多く、攻略し甲斐のある難易度の高いサーキットだと感じました。
そんな訳で、ブランク明け&初走行の人間が、いきなり満足いくタイムを出せる程甘いサーキットでは無かったです^^;

今回はかなり残念な記録に終わりましたが、黒蜂71号車さんの車載と比較して特に改善すべき箇所も見えましたし、12月の岡山など、機会があればスポーツ走行する機会も設けて、リベンジの機会に備えようと思います。

あと、前回のブログで漏らしておりましたが(^^ゞ
現地では、みんカラでお友達になって7年目にして、ようやくKENT RSさんにお会い出来ました♪
また、サーキット走行繋がりでお友達になった、黒蜂71号車さんともお会い出来ました!
短い時間ではありましたが談笑させて頂き、楽しい時間を過ごす事が出来ました。
お二人共ありがとうございましたm(__)m

今年のリベンジを果たすべく来年も遠征しますので、また筑波サーキットでお会いしましょう!