E-M10 のライブコンポジット機能で星空を撮影してみた

この連休は何処にも出掛けず家でのんびり過ごしていたので、何気にカメラのマニュアルを読み返していました。
すると、「ライブコンポジット機能」なるものが自分のカメラで使える事を知りました。
マニュアルを読んでもいまいち使い方がピンと来なかったので、グーグル先生に教えて貰ったら(笑)
星空を取るのにナイスな機能だと云う事が分かりました♪

来月星空が綺麗に見える場所に行くので、予行練習せねば!と云う事で、寒空の中試し撮りしてみました^^

e-m10 ライブコンポジット

※F:2.8、ISO:200、1枚あたりの露出時間:4秒で7分撮影した画像

都会の星空なので絵的には見所はありませんが(^^ゞ

昔、フィルムなカメラで天体写真を撮った事がある身としては、こんなに簡単かつお気軽に天体写真が撮れるなんて、何て良い時代になったんだと、思わず感慨にひたってしまいました。
こんな明るい街中で撮影しているのに、ちゃんと星の色も捉えているし!

あと、夜景と星空を一緒に撮れる所も素敵です。
普通はこんな街中で長時間露光すると、空の明るさまでも拾ってしまって、昼間に撮影したように星以外もすべて明るく露出オーバーとなってしまうんですが、内部的に暗い背景のなかに新たに現れた明るいもののみを重ね合わせて露光していく処理が行われているので、こんな写真も撮れるんです。
南の島で満天の星空に町の景色を入れた写真なんて素敵だろうな~なんて思いました。

本番に向けて腕を磨いておこうと思います^^

コメント

  1. okazaki より:

    こんばんは。私も最近テカポという町でそれはそれは素晴らしい星空を見たんですが、面倒臭がりの性格が災いし、練習なんかちっともせずに行ったものだから、ぜんぜん思うように撮れませんでした。(まあ、コンデジってのもありますが)ちゃんと練習をしておくなんてえらいなぁ、と思いました(^^)
    南の星空が綺麗なところ・・ハワイ島かな?楽しみにしてます。

    • よっすい. より:

      こんばんは。

      旅のブログ拝見させて頂いております。
      私もokazakiさんが撮られていた様な星空の写真を撮りたいな~と思っておりました。

      来月の旅、okazakiさんの過去ブログも参考にさせて頂いて旅のプランを考えております^^

      練習の成果が発揮される様に祈っておいて下さい(笑)

  2. エルダリー@NC3 より:

    なるほど、そういう理屈で撮影出来るんですね。星以外の光源の無いところで長時間露光というのが普通でしたっけ?

    • よっすい. より:

      こんにちは。

      ネットでライブコンポジット機能の撮影例を初めて見た時は、どうやって撮ってるんだろう??と思いましたが、処理の説明を読んで納得しました。

      この機能を使わない天体撮影は、仰るとおり星以外の光源の無いところで長時間露光して撮影ですよね。

      デジタルカメラってホント便利ですよね。