相手を思いやる心

最近よく障害者専用駐車場についてのブログを見掛けます。
その中に障害を持つ立場の方が書かれたブログがありました。

私自身障害を持つ身である事もあり、健常者が何も悪びれず平然とした態度で止める場面を見受ける度に腹立たしく感じているので、全般的に共感を覚えたのですが、
障害認定を受けている病気が原因で、体調が悪い時に全身に激しい痛みが生じて歩行が困難になる時がありますが、私はどれだけ体調が酷い時でも、もっと大変な人がいるからと思い絶対に障害者専用駐車場には駐車しません。

”今の日本人に無くなりつつある『相手を思いやる心』
をもう一度考えてみるいい機会だと思います。”
と書かれていた事に特に共感を覚えました。

私は最近とても気になっているのですが、結構な頻度で年配の方が運転する車両に対して異様に車間距離を詰めて煽ったり、クラクションを鳴らして威嚇する人を見掛けませんか?
傍目から見ていると流れより速度が遅いとか、信号が変ったタイミングで発進するまでに時間が掛かっているからそういった行為に至るのかな?と考えてみたりするのですが、
そういった行為を取る人は、
自分が障害を持つ身になってしまったら、老いた時の事を考えたら、
同じ仕打ちを受ける事を望むのでしょうか?

ある日突然障害を抱えてしまい歩行が困難になってしまった・・・
○十年後でも車を運転しなければ生活出来ない自分、でも、身体能力的に流れに合わせた運転をする事が難しい・・・
自分もいつそんな状況に陥ってしまうかも知れないし、
そんな時に周りから思いやる心を感じたら、助かるし有難く感じると思わないのでしょうか?

特に子連れのドライバーがそういった行為を行なっているのを見ると、
年配の方にそういった行為を行う事に対して、
人として、親として、他人や我が子に対して胸を張って
「私は正しい事をしている!」と言えますか?
と問い掛けたくなりますし、
親の行為を見た子供が誤った理解をして、「マイナスの連鎖」が起きてしまう事を非常に残念に感じてしまいます。
注意して逆ギレされて殴られ掛けた経験があり、怖くて言えない自分が歯痒いです。。。

話が少しズレてしまいますが、私が一時期ツーリングやオフ会への参加に嫌気が差した事も、一部の参加者に『相手を思いやる心』を感じなかった事が原因でした。
その方の自己中心的な振る舞いに、参加者や同じ車種に乗る沢山の方達が色眼鏡で見られてしまう可能性があるかと思うと・・・非常に嘆かわしく感じましたので。
今後もツーリングやオフ会へ参加する基準としては、この基準を第一に検討したいと思います。

コメント

  1. AKAHANA より:

    いますよね~、そういう身勝手な人。
    身障者乗車のステッカーを悪用している人も多いと聞きます。
    (私の住むマンションにもそういう輩がいます)

    が、高齢者の運転に危険を感じることも無きにしも非ずです。
    どうしても必要なのでしょうけど・・・

    私はFD乗っててクラクション鳴らしたことないです(;^_^A
    鳴らなかったりして(汗)

    • よっすい. より:

      こんにちは。

      >いますよね~、そういう身勝手な人。
      相手を思いやる気持ち(想像力)が欠如した人が増えた事が原因なのでしょうか?
      非常に世知辛い世の中になってしまいましたね。。

      >身障者乗車のステッカーを悪用している人も多いと聞きます。
      明らかに悪用している人も見掛けますが、これに関しては、ステッカーを貼る事に(法令等)明確な基準が無い事も混乱を招いている原因では?と思っています。
      私の様な内部障害者が貼っていると、傍から見れば??と思われますので。

      >が、高齢者の運転に危険を感じることも無きにしも非ずです。
      私も一度あやうく突撃されかけた経験があるのでお気持ちは理解出来ますが、どうしても必要な方が居るのも事実であって・・・
      これからの高齢化社会をに向けて、社会全体でどう向き合って行くのか?国には真剣に議論して欲しいと思っています。

  2. 黒ノ助 より:

    こんばんはー。

    相手を思いやる気持ち、生きて行く上で最も大切な事の一つ。自分一人で生きているのではなく、他者と自分の関係の中で、自分が生かされている。その事を少しでも感じる事ができれば・・・。

    想像力の問題でしょうか。

    身障者駐車場を見て思うのは、モシ自分が体が不自由で、でもどうしても駐車する必要が有った時、そこが健常者の車で埋まっていたら、どんなに残念でやりきれない思いをするか・・・身障者駐車場を見るたびにいつもいつもそう思っています。

    • よっすい. より:

      こんにちは。

      >相手を思いやる気持ち、生きて行く上で最も大切な事の一つ。・・・
      黒ノ助さんの仰るとおりですよね。

      身障者駐車場一つをとっても、自分が車椅子無しでは生活出来なくなってしまったら?と少しでも想像してみれば簡単に分かる事だと思うのですが・・・それだけ相手を思いやる気持ち(想像力)が欠如した人が増えた証拠なのでしょうね。
      皆さん、家庭で社会で他者と係わりを持つ事によって生かされているのに、その事をすっかり忘れてしまっているのでは?と感じる人がとても多い事を非常に危険に感じる今日この頃です。

  3. KON@R3 より:

    うまく言えませんが、「相手の立場・気持ちになる」と云う事が出来れば良いですね。
    例えば、エレベータで「何階ですか?」とか、降りる時にてを貸す等、簡単な事なんですが。

    私も、今まで以上の気持ちを持とう!

    • よっすい. より:

      こんにちは。

      >うまく言えませんが、「相手の立場・気持ちになる」と云う事が出来れば良いですね。
      皆が少しでもその考えを持っていれば、かなり状況は改善されますよね。

  4. P-89 より:

    こんばんは。

    車間を詰め、クラクションを鳴らす若者や中年を育て、評価する側にあったのは、車間を詰められ、クラクションを鳴らされる年配の方であったり・・・因果応報の構図は複雑なのではないかと思う今日この頃です。

    しかし、いにしえの日本人は、そういう複雑な系を無理に単純化・デフォルメしたりせず、八百万の神のように複雑なまま受け入れる土壌を持っていたように思います。日本の歴史はシンボリックな何者も生み出してはいない、というと言い過ぎかも知れませんが、世界が感心、尊敬するといわれる日本文化は、千差万別な存在を前提とした細やかな気配りの上に成り立ってきたのではないか・・・そんな風に思っています。

    でも、細やかな気配りって、効率論からすれば悪ですね。

    現代日本における極めて単純化・デフォルメされた価値基準の中で弾き飛ばされ、あらぬ行為に鬱憤晴らしな快楽を錯覚した連中が、自分自身を評価しない社会システムに天の邪鬼な行動を取るとしたら、はたして誰が悪で何が善なのか・・・社会全体でもう一度考え直す必要があるのかも知れません。

    まあ、わざわざ出入り口から遠い駐車スペースに「いつも空いてるから」という理由で車を止める私みたいなのが一番天の邪鬼なのかもしれませんけど(笑)

    • よっすい. より:

      こんにちは。

      >千差万別な存在を前提とした細やかな気配りの上に成り立ってきたのではないか・・・
      最近は何事においても効率重視な世の中ですので、P-89さんの仰る通り、効率論からすれば悪と言う考え方が根本にある人が増えて来たのでしょうか?

      ただ、そんな考えがもっと強い筈の欧米においては日本より障害者や年配者に対しての気配りがなされている事を考えると、日本の社会一般は何が善で何が悪と捉えているのか?と考えてしまいます・・・。

      >まあ、わざわざ出入り口から遠い駐車スペースに・・・
      私も「当て逃げされると気分が悪いから」という理由で出入り口から遠い駐車スペースに止める事が多いので、同類かも知れません(笑)

  5. さとみ より:

    こんばんは。
    あくまでも推論ですが、よく「○○しちゃいけない」というのに対する理由として「怒られるから」とか「悪く思われるから」という論旨が大昔からず~っと「どこか」に残ってるじゃないですか。
    (例えばそうでない躾をする家庭があったとしても、友達の親や先生はそういう論調であるという意味です)
    その辺りに何か原因があるんじゃなかろうか?と。

    私は(お分かりだと思いますが(^^;))機械でも電気でも数学でも仕組みが分かんないと納得出来ないタチなので、やっぱ「○○しちゃいけない」の根本的な部分に関しては考えますね。
    で、考えてれば結論が出ずとも、なんかそれが「普通」になってきますね。「近いのに、なんであそこ(障害者専用駐車スペース)に停めないの?」と言われた時に「そりゃ~そうっしょ」と間髪入れず答える感じに。

    クラクションは鳴らさないですね~。
    いや、挨拶やホントに危険な場合、警笛吹鳴警告標識のある場所では流石に鳴らしますよ(^^;)
    東京は街路が多い訳ですが、歩行者が道路の真ん中を歩いてる事も多いです。そういう道では歩行者のペースに合わせて私も後ろをノロノロ走ってます。クラクション鳴らしてビックリさせて、コケて怪我でもさせちゃ申し訳ないんで。
    こういう時にATはいいっすよ~。ブレーキに足乗せたままでノロノロ走れますから(笑)

    というか、みんカラはスピード違反自慢が多すぎ(^^;)
    そんなにそういう「武勇伝」を語りたいかなぁ?
    だったらヲヂサン、昔Collection Objectの概念がど~しても分かんなくて倒れるまで頑張ったのに、今じゃ無意識に使っちゃってる苦労自慢をしつつ、いつの間にか内容が不確定性原理に変わってる様な話しちゃうぞ!(爆)

    距離がもっと短かったら、是非幕張PAオフに来て頂きたいですね~。
    そういうの全然ないですから。場合によっては車の話すら、せず(ォィ)

    • よっすい. より:

      こんにちは。

      私も幼い頃、曖昧な理由で叱られると反発して言う事を聞かなかった事が多いので、仰る事は一理あるかなと思います。
      逆に理由が明確であれば、素直に聞き入れてましたね。
      そう言った経験のある事に関しては、自然と”「近いのに、なんであそこ(障害者専用駐車スペース)に停めないの?」と言われた時に「そりゃ~そうっしょ」と間髪入れず答える感じ”になっていますね。

      みんカラで色々な方のブログを拝見していると、
      煽り合いのバトルになった話とか
      ○○kmで暴走した話とか
      珍走族な話とか(笑)
      間違った方向での武勇伝が非常に多いですよね。
      免許取り立ての若者がそんなブログを書いているのであれば、程度にも依りますが「若気の至り」で済む部分もあるかも知れませんが、いい歳になった人の親がそんなブログを自慢気に公開しているのを見た時には、非常に嘆かわしいです。

      >距離がもっと短かったら、是非幕張PAオフに来て頂きたいですね~。
      機会があれば一度参加してみたいですね。

      >そういうの全然ないですから。場合によっては車の話すら、せず(ォィ)
      参加後にブラックリスト追加なんて暴挙は絶対に致しませんのでご安心下さい(爆)

  6. HONOLULU より:

    初めまして!
    よっすいさんの言われこと同感です。
    当り前の様に我物顔で障害者専用駐車場に駐車している健常者!!
    私は海外旅行が好きで欧米諸国に行きますが、障害者専用駐車場に健常者が駐車するなど見たことが有りません。
    これが先進国と言われる日本(日本人)のする事でしょうか?!
    私自身日本が先進国とは思っていませんが・・・。
    バカの方程式ってご存知でしょうか?
    バカ(無知)な親に生まれ育てられた子供はバカな親のDNAを持ち、尚且つキチット教育されていない親に育てられてしまってる為、何が正しくて何が間違えているかも区別がつかない!
    その子供が成人になり、子供ができて育てるが自分が正しく教育されていないのでその子供もさらに無知な人間となってしまう。
    この様に、どんどん無知な人間が世の中に出てくるのです。
    話しが横道にそれてしまいましたが、『思いやる心』があればこの様な自分勝手な行動はしないですね。
    人間ないにが恥かしい事かも分からなくなったらこんな悲しいことはありません。

    • よっすい. より:

      はじめまして!
      コメントして頂いてありがとうございます。

      >、障害者専用駐車場に健常者が駐車するなど見たことが有りません。
      日本は欧米と比べて障害者に対しての意識レベルが低い様ですね。

      >バカの方程式ってご存知でしょうか?
      その言葉は初めて聞きましたが、障害者駐車場に限らず、色々な場所でモラルの無い行動を取る親子連れを見ていると、殆どがHONOLULUさんの仰る方程式に当てはまりそうだと感じています。

      「明日は我が身」と言う認識を少しでも持たれれば少しは違う状況になるのかと思いますが・・・。
      非常に悲しい事ですが、現状は他人事の様に捉えられている人が多いんでしょうね。