バッテリー液の噴出対応

c8f68b1e8fa2f722b335f0966b5cf46f
車検整備と併せてクルマを預けて、ちょうど1週間でクルマが帰って来ました。
結局エンジンを降ろす事は無く、オルタネーター廻りの部品等を交換、剥げた塗装部分の防錆処理をしたとの事でした。

結局バッテリー液の噴出対応としては
・対策品のバッテリーカバーに交換
・液漏れで錆びた部品の交換
・液漏れで剥げた塗装部分の防錆処理
を行って頂きました。

最近また少しアイドリング時の振動が増した感があるので、エンジン降ろす=マウント交換して貰えないかな~と淡い期待を抱いてましたが・・・世の中そこまでは甘くありませんでした(笑)