ホイール掃除&タイヤチェック

6bf72ebd67ef18b1ceebc641dd6dc860
先週の走行会、帰宅時間が遅かった&雨だったので、
サーキット用タイヤを積んだままにしていました(^^ゞ
今週末も天気がパッとしませんでしたが、
さすがに2週間積みっ放しはマズイな~と言う事でお掃除する事に。

鉄粉除去剤と台所用洗剤を使って綺麗に掃除した後は、
先週は帰宅準備に必死で、走行後のタイヤ状態を確認するのを忘れていた事を思い出したので、先ずは空気圧をチェック。
各回走行後に2.2kpaで合わしていたのですが・・・冷間時だと1.9kpa。
次にタイヤをチェック。
さすがに公道じゃないのでクギは拾っていませんし、
サイドウォールにも損傷は無いので・・・次も安心して使えそうです(笑)

トレッド面は全体的に表面がザラザラで、外側の端にタイヤカスが付着していますが、
走行後の状態として良いのか悪いのかサッパリ分かりません(笑)

空気圧と言いタイヤの状態と言い、良し悪しを見分ける方法を知らないので、
次にサーキットを走る迄に勉強しておこうと思います。

コメント

  1. しゅう@787 より:

    空気圧の調整はその時の路面温度によるので難しいですよね。
    もう少し暑くなってきたら最初にもう少し下げておいたりします。
    後、
    タイヤカスもビックリする程付いたりしますよ。
    (笑)

    • よっすい. より:

      冷間→温間で内圧が上がるって事は知っていましたが、どの程度上がるものなのかサッパリ分からずで・・・1回目の走行後に計ったら2.6kpaありました(笑)

      写真の状態でも、今まで見た事が無い状態だったのでビックリしましたが、夏場だともっと凄い事になるんですね。

      マツスピカップ(に出場したら)
      6月なのでスタート時のエア圧はもう少し下げ気味になんですね。
      φ(..)メモメモ(笑)