富山・長野の旅(3日目)

この日は午前中ビーナスラインをドライブして午後には帰路につく予定だったんですが・・・残念ながら朝から雨。
雨のビーナスラインをドライブしても仕方が無いので、予定を変更して昨日に続いて美術館巡りをする事に。

まずは白樺湖にある世界の影絵・きり絵・ガラス・オルゴール美術館へ。
ビーナスライン01
光・鏡・水を使った壁全面の巨大な影絵作品や大きな和紙で作られたきり絵作品を鑑賞出来る美術館です。
世界的影絵作家「藤城清治」の数々の作品を展示していました。
この美術館を訪れるまで知らなかったのですが、影絵って日本独特の表現技法なんだそうです。
幾重にも重ね合わせる事で微妙に光の加減をコントロールする繊細な作品の数々は絵の画風も合わさって、どこか懐かしい様な幻想的な雰囲気に惹きこまれて、癒しのひとときを過ごしました。
ビーナスライン02
美術館を出た後は霧が峰へ立ち寄って、この旅でまだ食していなかったおやきを頂いて(^^♪

ビーナスライン03
県40号経由で松本市内へ入り松本市美術館へ。

松本市出身の前衛芸術家「草間彌生」をはじめ、松本にゆかりのある作家や関連する作品を常設展示しています。

ビーナスライン04
嫁が大好きな草間彌生の作品がお出迎え。

お目当ての草間彌生作品は、初期の平面作品や彼女の代表作ともいえるかぼちゃのオブジェやアクリル画、鏡やライトを使った立体作品などを鑑賞出来ました。
彼女の持つ独特な色彩感覚と日々見るという幻覚や幻聴を書きとめている作風に強烈な個性を感じて、暫し彼女の世界に引き込まれてしまいました。

作品を見終えた後はミュージアムショップで旅の記念品をお買い上げ。
ビーナスライン05
美術館だけあって袋も草間作品です(^^♪
ビーナスライン06
草間作品と言えば、世界でおそらくここだけと思われる草間彌生仕様の自販機が。
ビーナスライン07
コーラの缶まで草間作品です!!

・・・と一瞬思ったのですがオブジェでした(笑)

松本市美術館を出た後はそのまま帰路に就こうかと思っていたのですが、天候が回復して来たのでビーナスラインをドライブして帰る事に。
ビーナスライン08
午前中は本降りの雨で霧まで出て全くドライブが楽しめない状況でしたが、路面もすっかり乾き晴れ間も出て来て絶好のオープンドライブなコンディション♪

ビーナスライン09
所々で記念撮影をしつつビーナスラインを満喫して、諏訪ICから帰路へ。
ビーナスライン10

ビーナスライン11

ビーナスライン12

ビーナスライン13

ビーナスライン14

ビーナスライン15

旅の記念品
ビーナスライン16
嫁がずっと前から欲しがっていた草間彌生のかぼちゃのオブジェ♪

美味しい食べ物、美しい芸術作品の数々、素敵な景色、快適な気温、心地良い温泉と様々な物に癒されてリフレッシュ出来た楽しい旅でした。