富山・長野の旅(1日目)

ルート
今年の猛暑に少々夏バテ気味な嫁が「ちょっと早めの夏休みを避暑地でのんびり過ごしたいなぁ」とリクエストして来たので、長野へ旅して来ました。

初日は美味しい日本海の幸を食べたいとの嫁のリクエストに応えて、日本海側から長野へ入るルートを通る事にして、途中富山に立ち寄って氷見のお鮨屋さんで新鮮な獲れたての海の幸を頂きました。(食べるのに必死だったので写真を取り忘れました(^^ゞ)
色々頂いたのですが、中でも上品な甘みがありつつも濃厚な脂の乗りがある”のどぐろ”の握りが、何貫でも食べられそうなくらい最高に美味しかった!

昼食を頂いた後は、新潟方面へ向かう前に「海の貴婦人」へ逢いにベイエリアへ。
富山・長野01

帆船海王丸

この日は年に10回だけ行われる「総帆展帆」と呼ばれる、全部で29枚ある帆をすべてひろげる「海の貴婦人」と呼ばれる海王丸が一番優雅に感じられる日でした。
初めて総帆展帆された海王丸を目にしましたが、その優雅な姿に暑さも忘れて暫し見入ってしまいました。

富山・長野02
優雅な海王丸を楽しんだ後は、国8号→国148号とドライブして、長野方面へ。
富山・長野03
糸魚川市内にて

富山・長野04
夕飯時になったので、途中、小谷村にあるお蕎麦屋さんへ立ち寄りました。
富山・長野05

築140年の古民家を改装した建物で営業するそばやさん。
富山・長野06
古民家の雰囲気を活かし、家具も昭和以前の物で揃え、室内の明かりは灯油ランプのみと云う雰囲気に拘った店作りがお洒落に感じて好印象です。

富山・長野07
肝心の蕎麦の方も薪釜で茹でる拘り様。
富山・長野08
この拘りだけでも充分に美味しいのは理解出来ますが、都会の喧騒を忘れ、川のせせらぎ・鳥のさえずり・蝉の鳴き声を聞きつつ素敵な雰囲気の店内で頂くお蕎麦は、そのものの味を更に昇華させた味わいに感じさせてくれます。

久々に美味しいお蕎麦を頂きました。

富山・長野09

美味しいお蕎麦を頂いた後は宿の露天風呂でリフレッシュして、氷見で買っておいた鱒寿司をつまみに嫁と一杯(^^♪

美味しいご飯と久々のオープンドライブを満喫して楽しい一日でした。

このブログをクリップする

コメント

  1. KON@R3 より:

    海王丸とNCの2ショット! 良いですねぇ(^o^)d
    そして、蕎麦好きな私は「蛍」がかなり気になります♪

    毎日暑い日が続きますが、体調に気を付けて下さ~い!

    • よっすい. より:

      帆船ってとても美しいですよね~♪
      とても画になるので、一緒に写真撮影出来る場所を探して撮ってみました(^^ゞ

      長野はレベルの高い蕎麦屋さんが多いので、味だけで比較すると「蛍」より美味しい店があるかも知れませんが、あの雰囲気でお蕎麦が頂けるお店は他には無いと思いますので、一度は訪れる価値があると思いますよ♪

      こちらの方は毎日酷暑続きで夫婦揃って夏バテ気味ですが、気合で夏を乗り切ります(笑)

  2. 黒ノ助 より:

    のどぐろの握り!なんと美味しそうな響きなんでしょう(笑)
    日本海回りの長野も良いですね。蕎麦も美味しそうだし大阪では味わえないものばかりでうらやましー!最後のエビスと鱒寿司がいい感じです(^-^ゞ

    • よっすい. より:

      のどぐろの握りは初めて食しましたが、ホント激ウマでした♪

      日本海回りのルートだと結構遠回りになってしまうんですが、長野だと食べられない美味しい海の幸が富山で頂けるので、長野を旅する時はいつもこのルートで行ってます(^-^)

      鱒寿司は大好物で富山に訪れた時は必ず食べているので、今回も外せませんでした(^^ゞ