広島最高!マツダ最高!!ロードスター最高!!!

先週から体調を崩し掛けていたのに週末お出掛けしたら、入院の一歩手前まで悪化させてしまい、只今自宅療養中なよっすい.です(^^ゞ

そんな体調だったんですが、先日の日曜日は、マツダ広島本社で開催されたLONG LIVE THE ROADSTER FANに参加して、遂にNDロードスターとご対面して来ました♪
LONG LIVE THE ROADSTER FAN01
当日は夜中から生憎の雨で、現地までずっとクローズ走行。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN02
適宜休憩を取りつつ広島を目指しますが、クローズ走行だととにかく眠くなって仕方ありません(^^ゞ

数時間に及ぶ眠気との戦いに打ち勝ち、ようやく広島市内へ到着^^

久々に見る路面電車や、私の住む地域では余りお目に掛からないレアなマツダ車に驚きつつ、
LONG LIVE THE ROADSTER FAN03
一度訪れてみたかった、アンデルセンの本店へやってきました。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN04
腹ペコだったので店内を見て回るのはそこそこに、カフェコーナーで朝食タイム。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN05
甘いメニューが食べたい気分だった私と、
LONG LIVE THE ROADSTER FAN06
ガッツリ系メニューが食べたい気分だった嫁。

どちらもとっても美味しくて、二人とも無言で食べていました(^^ゞ

朝食を済ませた後は目的だった25thグッズもしっかりとゲット。
グルメの殿堂の様な誘惑の多い店内を暫く見て回った後、イベント会場のマツダ本社へ移動。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN07
開門早々に到着しましたが、既に結構な人数の方が到着されていました。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN08
エントランスではデミオ軍団がお出迎え。
初めて間近で見ましたが、前モデルにあった可愛さが無くなったものの、これはこれで完成されたデザインだなと感じました。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN09
受付を済ませると・・・
LONG LIVE THE ROADSTER FAN10
記念品と共に、VIPPASSと書かれた本日のイベント用のパスを頂きました。
どんなおもてなしを受けられるのか期待が膨らみます(笑)
LONG LIVE THE ROADSTER FAN11
デミオ軍団ばかりかと思ってたエントランスでしたが、25thなTIPO号も展示してありました。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN12
本日のイベントの記念品。
嫁と2つ貰ったので、25thなグッズが欲しいロードスター乗りな方がいれば、VIPなイベントパスと一緒に差し上げます。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN13
広島市内でも見かけたデミオEVが止まってました。
マツダもEVの研究をしているんですね。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN14
25th仕様なバスに乗ってイベント会場へ移動します。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN15
車内には各地のロードスターミーティングの集合写真が掲示されていて、外観だけでなく、中身も25th仕様になっていて、道中から気分が盛り上がって来ます。
マツダさん素敵な演出をしてくれますね。

ND開発スタッフの方に工場内の説明をして頂きつつ、東洋大橋を渡ってイベント会場のマツダミュージアムのあるブロックまで約5分のバス移動。

会場に到着すると、ベールに包まれたNDが待っていました。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN16
NDの周りには、各地の25th記念イベントでの寄せ書きが飾られていました。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN17
LONG LIVE THE ROADSTER FAN18

LONG LIVE THE ROADSTER FAN19

お友達の黒ノ助さんが参加された軽井沢ミーティグの寄せ書き。

マツダグッズを販売するコーナーがあったので見て回っていたら、とっても気になるアイテムを発見。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN20
ローターが動くし、お手頃価格だし、オブジェには丁度良い大きさだし、元ロータリー乗りとしてはとっても気になります^^

イベント開始まで暫く時間があったので、5年振りにマツダミュージアムを見学。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN21
5年前には無かったSkyActiveなモデル達もしっかりと歴史に刻まれていました。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN23
嫁が噛り付く様に見ていたR360
このデザインで今クルマを作っても受け入れられるのでは無いかと思うほど、お洒落で可愛さがあって個性的なデザインですよね。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN24
こちらも今見ても個性的かつ斬新なデザインなコスモスポーツ。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN25
かつての愛車RX-8に搭載されていた13BMSPロータリーエンジン。

エンジン音が聞けるコーナーがあったので聞いていたら、猛烈にまた乗りたくなってしまいました。
あの独特なサウンドとフィーリングは、一度味わってしまうと中毒になってしまうようです(^^ゞ

5年振りに再会した787B
LONG LIVE THE ROADSTER FAN26

23年経った今でも同じ頂に立った日本のメーカーが現れない事が、ロータリーとマツダの成し遂げた偉業の凄さを表していますよね。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN27
ロータリー展示エリアの奥は、5年前に訪れた時はRX-8の展示でしたが、今はCX-5の展示に変わっていました。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN28
男性的なイメージが強い魂動デザインの中で、唯一丸みを帯びた車体形状が幸いして、異様に嫁のウケが良いこのクルマ。
今、事故で愛車を全損したら、買い替えの有力候補に挙げられそうで、戦々恐々しているのはココだけの話です(笑)
LONG LIVE THE ROADSTER FAN29

SkyActiveな技術のアピールポイントや、
LONG LIVE THE ROADSTER FAN30
生産技術、塗装技術など、
LONG LIVE THE ROADSTER FAN31
工場見学好きな私達には堪らない内容を30分程楽しませて貰い、イベント会場へ。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN32
5分前に戻ると、皆さんイベントの開始を待ち切れ無い様で、NDの周りは人集りになっていました。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN33
定刻通りにイベントスタート。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN34
司会は舞浜でも司会をされていたお姉さんでした。

お姉さんの開会の挨拶の後、山本主査主演の25th映像が流れ、続いて舞浜のイベントでのカウント映像と共に、会場も照明が切り替わり・・・
LONG LIVE THE ROADSTER FAN35
いよいよNDロードスターのアンヴェール!
LONG LIVE THE ROADSTER FAN36

LONG LIVE THE ROADSTER FAN37

LONG LIVE THE ROADSTER FAN38

LONG LIVE THE ROADSTER FAN39
スモークが消えていくのに合わせて、会場からは色々な感情が入り混じった喚声が聞こえて来ました。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN40
実物を見た私の第一印象は・・・
「写真で見るより10倍は魅力的!」
と思える位、平面と立体で受ける印象がガラッと替わるクルマだと感じました。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN41
アンヴェール後、まず山本主査が登場し、イベント参加者への挨拶。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN42
その後、財務やマーケティングも含めた開発スタッフの紹介がありました。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN43
その後、チーフデザイナーの中山氏による、マニアックな?NDロードスターデザインの解説がありました。

20分以上に及ぶ解説で、失念した部分も多いですが・・・

・クルマ好きが大好きなフロント・リアクォーターから見た時に、タイヤから外の部分が全く無い様にデザインしている。

・タイヤ上に重量物を配したく無かったので、フェンダーを斜めに削り落とした。

・恐らく、このクルマのフロントオーバーハングは世界で一番短くて低い。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN44
・NDロードスターのヘッドランプは、たぶん世界で一番軽くて小さいユニット。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN45
・ヘッドランプが小さくなったから怖い顔になったと思う人はしゃがんで見て下さい。笑っている様に見えます。これはエンスービューです(笑)
LONG LIVE THE ROADSTER FAN46
・ご飯食べたら元気になったので言いますが(笑)このクルマには唇があります。触るととっても気持ちが良いです(笑)
LONG LIVE THE ROADSTER FAN47
・テールランプはこれから25年間決して飽きない様に、シンプルでプリミティブな記号を持った物をデザインした。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN48
・テールランプのモチーフは隠しキャラになっていて、このクルマのそこかしこにキャラクターが居ます。オーナーになってから探して下さい。25年経てば見つかると思います(笑)
LONG LIVE THE ROADSTER FAN49
・ドアトリムは単にボディと同色になっているだけでは無くて、エクステリアの造形がそのままインテリアに回って来ている。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN50
・インテリアの造形が視覚的にフェンダーの峰に連続している。乗ると腕から手が伸びていって、フロントタイヤを掴んで自分でステアしている様な気持ちになります。

・幌にはマル秘があって、材質は言えないが硬いものが入っていて、それによってルーフを閉めても開けても美しく見える様になっている。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN51
以上、箇条書きになりますが、時に頷き、時に笑いも取りながら、NDロードスターのデザインについて熱く語られていました。
自らもNAに20年以上乗り続けられている事もあり、非常に思い入れが強く、かつ拘りと情熱を注いでデザインされたのが伝わって来る解説でした。

その後、再び山本主査が登場して質疑応答タイム。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN52
営業部門から緘口令が発令されているのか、数値など具体的な話は聞けない事もあり、イマイチ盛り上がりに欠け、質問する人もまばら(^^ゞ
LONG LIVE THE ROADSTER FAN53
私は聞きたい事が何点もあったので、場を持たせる事も考えて、取り敢えず一つだけ質問しました。
結果、NDはスーツケースが入らないので、NC程の長期間の旅行には向かないかも?との回答でした。
ただ、イエローカラーのラインナップは現ユーザーとして熱望しておきましたので、マツダの事ですから、きっと期待に応えてくれると思います(笑)

その後は皆さん控えめなのか?開発者を思わず沈黙させる様な際どい質問も無いまま質疑応答タイムは終了してフリータイムへ。

皆さん散り散りになったので、ステージの最前列へ移動して撮影タイム開始^^
LONG LIVE THE ROADSTER FAN54
噂通り、195/50/R16の4穴だったタイヤサイズ。
装着タイヤは横浜ゴムのADVAN SORTS V105でした。

メーカーの紹介文
↓以下引用開始↓
ADVANの輸入外車用OEタイヤ
Pattern : ADVAN Sport V105
メルセデス・ベンツ

V105専用コンパウンドは、欧州自動車メーカーとの共同開発により非常に高い性能レベルを目標としてきました。開発当初、スタッフに与えられた使命は「世界一のゴムをつくること」。
さまざまな材料と配合バランスがシミュレーションされ、かつてないほどにグリップ力を進化させた新コンパウンドが完成しました。
↑引用終了↑
LONG LIVE THE ROADSTER FAN55
紹介文を読む限り、重量級モデルの多い欧州車両向けのOEタイヤと見受けられますが、果たしてNDに求められているであろう軽快感とどれほどマッチしているのかが興味を惹きます。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN56
リフレクターなのでしょうか?バックフォグなのでしょうか?
その存在が気になるリアアンダー左右にあるクリア部。
リアはフロントと比べても歴代モデルよりガラッとデザインが変わってしまい、始めは違和感を感じていたのですが、実物をじっくり観察すると、これはこれでアリかな?と思える様になって来ました。
若干何かに似ている様な気がするんですが・・・でも個性が感じられて飽きが来なさそうで良いデザインだと思います。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN57
歴代のロードスターと比較しても格段に質感が上がった内装。
報道では1,500ccからのラインアップになりそうですが、装備内容・質感も考えると、NA世代の方達が想像するアフォーダブルな価格は望め無さそうな気がしますが・・・果たして!?
LONG LIVE THE ROADSTER FAN58
細目で基本オトコマエなのですが、見る角度によっては格好可愛さも感じる絶妙なデザインのフロントマスク。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN59
嫁も、今すぐNCを売って買い換えるつもりは絶対無いけれど、5・10年後になったら買い替え候補として考えてもイイかも?と、実物を見る前に言っていた「絶対買い換えない!!」から一歩前進した発言で、実物を見て結構印象が替わった様です^^
LONG LIVE THE ROADSTER FAN60
NCとは違い、このまま量産するのであればノーマルでも全然OKな車高。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN61
NCとはデザインが異なるエアロボード。
NCは法定速度で流しても走る楽しさを感じられるギリギリの設計速度域だと感じるので、願わくばNCより高速域になっていない事を期待したいです。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN62
見た感じ、垂直に配置されているの様なラジエター。
傾斜して配置する必要が無いほど、フロントオーバーハングを切り詰めたと言う事なのでしょうか?
あと、ホーンはNCに続きコスト削減の煽りを受けた様で、見るからに貧相な物が一個だけ配置。
音に拘る人は、速攻で変える必要がありそうです(笑)
LONG LIVE THE ROADSTER FAN63
歴代と同じく、キチンと重心方向に配置されているブレーキキャリパー。
ホイールはNCと同じく、中途半端な社外品を入れると逆に重量アップになってしまう程拘った物との事。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN64
歴代初となる、バンパー下部へのナンバー表示。
平面な写真一枚の情報だと消化し切れず納得出来ませんでしたが、実物を目の当たりにすると、個人的に、この位置にする必然性に納得しました。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN65
右側2本出しのマフラー。
厳密な左右バランスを考えると、素人的には左右2本出しの方が良いと思えるのですが・・・トータルのパッケージングを考慮しての結果なのでしょうか?
LONG LIVE THE ROADSTER FAN66
そんな感じで、参加前の様々な疑問に対しての納得が得られた一方、新たな疑問も沸き起こったND観察でした。

正解は実際に世に出て試乗した時に得られる事になりそうですが、今回参加して、マツダはマーケットだけではなく、しっかりと現ユーザーの思いとライトウェイトスポーツなオープンカーとは何か?と云う事を真摯に考え、限られたリソースを最大限に活用してNDを開発してくれたという事を実感しました。

企業的・政治的な難しい事は抜きにして、正にイベントのオープニングを飾った映像に表された、「誰にも負けない情熱と私たちの独創性のすべてをかけた」クルマ造りが貫かれたんだなと言う事を実感すると共に、現ロードスターオーナーとして、これから先、今の愛車が維持出来なくなって代替を求めた時、乗り換えの対象としてロードスターが候補としてあり続ける事が出来るという事に、感謝したいと思います。

イベントのオープンニングを飾った映像

そんな感じでイベントもひと段落し、そろそろお開きかな?と思っていたら、ミュージアム前でデモ走行が行われるとのアナウンスが!!

本社前・本社エントランス・イベント会場内以外は写真・動画撮影禁止でしたので、NDの360度映像を見つつデモ走行の音声をお楽しみ下さい。

NDロードスターデモ走行
雨模様だったので、屋外でNDを見られる機会は無い物かと思っていたのですが、予想に反して全開走行するところまで見る事が出来て、非常に幸運でした!
LONG LIVE THE ROADSTER FAN67
駐車場へ戻って来たら、みんカラでお友達な方の愛車を見付けたので、暫く本人が戻って来るのを待っていましたが・・・帰路の事もあり、お会いするのはまたの機会という事に。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN68
実物との対面に始まり、開発者の歴代ロードスターオーナーへの感謝とクルマ造りへのとても熱い思いを知れたうえ、デモ走行まで見る機会に恵まれ、これ以上無いほどに満足出来たイベントでした。

ただ、それ以上に私の心を満足させたのは、開発者が仰っていた「今の愛車がある皆さんは大切に乗られて、いつかNDを愛車に迎えて下さい」との言葉。
商売抜きに一人のクルマを心から愛する人間の立場で語られたであろうその言葉に、マツダって相変わらず商売下手だな(笑)と感じたと同時に、こういった人達が集まる所に、クルマ好きの心を惹きつけるポイントがあるのかなと感心させられました。

私達夫婦も今の愛車を大変気に入っているので、最低あと5年は買い換えることは無いですが、次にクルマを買い換えるときは必ずNDを候補として考えたくなる程、今回のイベントでマツダ、そしてNDロードスターが私達夫婦にとって魅力的なクルマである事を確認出来ました。

楽しかったイベントも終わり、マツダ本社を後に。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN69
その後は曇りが勝る空模様でしたが、雨が降っていなかったので勿論オープンドライブ(笑)
LONG LIVE THE ROADSTER FAN70
2号線を西へ進んで宮島へ。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN71
私達夫婦的に、広島へ訪れたら、お好み焼き以上にお決まりのあなご飯を食べに、「あなごめしうえの」へ。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN72
3年振りに食べたあなご飯は、以前と変わらずタレとご飯とあなごの焼き加減が絶妙で、抜群の美味しさ!!
広島最高!
LONG LIVE THE ROADSTER FAN73
食後は駅前でお土産を購入してから帰路へ。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN74
雨も止んだお陰で、帰路はずっとオープンで走行出来たお陰で、殆ど眠気に悩まされることも無く帰宅(笑)
LONG LIVE THE ROADSTER FAN75
帰宅後は・・・うえので夜食用に購入した弁当をおつまみに一杯飲んでから就寝しました(笑)
LONG LIVE THE ROADSTER FAN76

今回の旅でのお土産。

アンデルセンで購入した25th記念グッズのHappy Drive Story。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN77
中身のクッキーがメチャカワ&オーナー心をくすぐり過ぎて、食べる事に後ろ髪が引かれる思いが強過ぎです^^;
なかなか決断し切れ無くて、賞味期限までに食べる事が出来るのか!?、今から心配しています(笑)
LONG LIVE THE ROADSTER FAN78
イベント会場で購入した、13BMSPのメッキ仕様模型。
LONG LIVE THE ROADSTER FAN79
REなオブジェが欲しいけど、本物のローターやローターハウジング等はスペースも取るし金額も高いしで、何の興味も無い嫁の理解を得る事は難しいと思っていた私には、コンパクトサイズかつ安価で、私にはピッタリなアイテム♪
動かして楽しんだ後、さっそくクルマグッズコーナーに飾りました♪
LONG LIVE THE ROADSTER FAN80

広島最高!マツダ最高!!ロードスター最高!!!

と心から感じる事が出来た一日でした♪

コメント

  1. 三角まくり より:

    お邪魔します。
    今更のコメント、申し訳ありません。

    とても詳細なレポートで写真も沢山あるので、何回も繰り返し楽しく拝見させてもらっていますw
    走行音もよくぞ録音して下さりました!
    それ程音に拘る方ではないですが、エンジン音もイイ音ですね(^^)

    しかしデザインは本当にカッコ良いですね!
    しかもそれをこんな軽量コンパクトなサイズで出してきてくれて・・・
    この記事でこの車を見るポイントを写真付きで沢山教えて頂けたので、実車を見るのが待ちきれません。
    開発陣の皆様がどれだけこの車に情熱を傾けたかが伝わって来るし、マツダさんは本当に素敵なメーカーさんです(^^)

    長距離旅行の好きな私としては、「スーツケースが入らない」という言葉だけが気になって仕方ないのですが・・・汗

    想いのこもった大作ブログ、ありがとうございました!
    最新の記事を拝見するとお体の調子は大分よくなったみたいで、安心しました(^^)
    まだまだ寒い季節が続きますし、お大事にして下さい。。。

    • よっすい. より:

      こんにちは。
      お返事が遅くなりましたm(__)m

      ブログ気に入って頂いている様で、頑張って書いた甲斐がありました(^^)

      音はノーマルでもイイ感じですよね♪
      歴代のロードスターはエンジンに関してはVTECの様に満足度が高くありませんが、新型はフィーリングも含めイイ出来なのかも知れませんね。

      デザインは開発陣の情熱と拘りをとても感じますよね。
      個人的にはデザイン性と機能性を高い次元で両立していて、素晴らしい出来だと思います。
      けど、今の愛車の方が可愛さでは上かな?と、改めてMyロードスターへの愛着を再確認しました(笑)

      私は旅する時にスーツケースは使わないんですが、夫婦二人旅なので、トランク容量がどれだけ減っているのかについてが非常に気になりますね・・・(^^ゞ
      数値については主査は口にチャックでしたので、実際に世に来るまでチェック出来ない所がヤキモキさせられますね(笑)
      何とかお互い許容出来る容量・使い勝手だといいですね。
      って、私は当分買い換えるつもりはありませんが・・・^^

      体調の心配して頂いてありがとうございますm(__)m
      お陰様で、無事、万全の体調で年を越せそうです!

  2. ゆきイルカ より:

    こんばんは~♪

    楽しんで来られたようで(ノω`*)ノ” ンフフフフッ
    サプライズな演出でファンを喜ばせてくれる
    マツダさん!さすがです☆
    私も一度でいいからマツダ本社訪れてみたいです!

    そしてアンデルセンの25thロドクッキー❤
    ネットで品切れ状態続いてたのでお友達のプレゼント用にと
    予約しての大人買い(爆)←もちろん自分たち用のもw
    カワイイから食べるの勿体な~いと言いながら
    全部食べてしまいますた(涙)

    • よっすい. より:

      こんばんは~♪

      実物とのご対面を果たせたし、ロードスターの濃い話も聞けたし、とっても楽しめたイベントでした。
      サプライズなデモ走行を用意してくれている辺りが、サービス精神旺盛なマツダさんですよね。

      ゆきイルカさんも機会があれば、是非、生まれ故郷を訪れてみて下さい。
      生産ラインも見学出来て、とっても楽しいですよ♪

      アンデルセンの25thロドクッキー、そんなに人気なんですね!
      本店では山積みで売ってたので、意外ですね^^
      クルマ好きな方には喜ばれそうですね!
      我が家はカワイイから食べるの勿体な~いな状態がまだ続いています(^^ゞ

      食べちゃったゆきイルカさんは、もう一個購入されては如何でしょうか?^^

  3. OMUKORO より:

    ボリュームたっぷりな長文記事、
    興味深く読ませて頂きましたよ!

    当日のよっすいさんの充実感、
    感動、幸せ振りが、
    沢山伝わってきました。

    ご夫婦でこのようにカーライフを
    楽しまれているが、
    ホントに超羨ましいです・・・

    うちでは、相変わらずクルマは、
    目のカタキ状態で、ちょっと揉めると、
    すぐ「エイト売ってきて!」と
    責められます。。。

    撮影禁止場所で、音声だけこっそり?(笑)
    ゲットするなんて、さすが!
    お蔭様で、新型の迫力ある排気音を
    興味深く聞かせて頂きました!
    ちょっと大きめでイイ音ですよね?

    クッキーは、その後もまだ
    食べれずですか・・・?(笑)

    ローターの置物、非メッキ仕様を
    私も、もう随分前に購入しました。
    押入れの段ボールの中で
    深い眠りについているのを
    この記事で思い出しました・・・(笑)

    最後に・・・
    以前おススメして頂いてた、
    ネクサス7購入しました!
    中古の2012モデルですが・・・(笑)
    決め手は「よっすいさんおススメなら
    間違いない!」ということで・・・
    その節は、アドバイス、
    ありがとうございました!!

    • よっすい. より:

      大作ブログ全部読んで頂いてありがとうございます^-^

      全然買い換えるつもりも予定も無いので、冷やかし半分で見に行ったのですが、実物の良さは勿論ですが、開発者の皆さんのロードスターとファンに対する熱い想いを聞けて、非常に充実感、感動とそんなクルマに今乗れている幸せを実感出来て、非常に有意義なイベントでした。

      我が家もブログでは良い面だけ載せてますので、順風満帆なカーライフだと思われるでしょうが・・・実はその裏には嫁をその気にさせる為に、涙ぐましいヨイショ工作の数々があるのです(笑)

      最近打ち合わせ続きでiPhoneのボイスメモを活用していたので、思わず起動させてました(笑)
      結構良い音質で録音出来ているので、リアルに感じた排気音を感じて頂けたと思います。
      昨今の規制を考えると、ノーマルでも良い音ですよね?

      クッキーは食いしん坊な嫁が毎日コツコツと食べているようですが、重要なクッキーは勿体無くて食べる踏ん切りが付かないと言ってます(笑)

      ローターの置物、ロータリー乗りとしては是非、愛車のミニカーと一緒に飾ってあげてくださいね。

      ネクサス7購入されたんですね!
      思惑通りネットライフが快適になれば良いですね!!

  4. マタヲ より:

    とても楽しまれたご様子♪
    よっすいさん、体調悪くてもオープンなんですね^_^

    デザインのお話しが多いですが、小さく軽量になった所にマツダのエンジニアの方々の思い入れの強さを強く感じます!乗ってみたい!と思わせる新型車ってここ何年も無かったなぁと思いました。
    新型発売で、街にロードスターが増えることになるのか?
    と思っていたのが、増えそう!と感じさせますね。

    お身体大事にして下さいね〜
    遊びに行けませんよ〜

    • よっすい. より:

      お返事が遅くなりました。

      5年間のロードスター生活で、雨の時意外は年中オープンがデフォルトな人間になってしまいました(笑)

      チーフデザイナーの話ひとつにしても、ライトウェイトスポーツとは何か?って所を徹底的に考え・追求した、拘りが強く感じられましたね!
      今の世でここまでダウンサイジングをやり遂げたマツダのエンジニアの方々の拘りに、ロードスターに対する思い入れの強さを感じました。

      NA・NBからの乗り換えもそうですが、新しいオーナーが増えてくれて、次のロードスターの開発に弾みが付いてくれるとイイですね!

      今回はちょっと無理し過ぎました・・・。
      嫁に雷落とされるとマズイので、暫くは大人しく過そうと思います^^;

  5. okazaki より:

    こんばんは。
    いつも、タイヤとホイールアーチのスキが大きくて、ノーマルだとロードスターアウトバックになっちゃってるんですけど、今度こそは、まともになるんですかね?写真だと、これくらいならいいなと思うんですが、実は展示用に特別に下げてあるとか、みたいなことがないことを祈るばかりです。
    それから私はライトがやっぱり・・実物は見るといいのかなぁ。ND2で大きくなったりして・・。あと、マフラーは同じく、左右二本出しが好みです(^^)まっ、買うことがあったとしても、当分先の話ですけどね。

    • よっすい. より:

      こんばんは。
      お返事が遅くなりました。

      参加した場では言ってませんでしたが、別のお披露目イベントの時に「量産時の車高です」と開発スタッフの方が仰っていたそうです。
      アウトバックだと酷道派の方には嬉しいでしょうが、そうでは無い方にはコレ位の車高の方が嬉しいですよね(笑)

      ライトですが、私も実物を見るまでは小さくてイカツク感じて余り印象良く無かったんですが、実物を見ると、見る角度によっては意外に可愛く感じたりもして、これはこれでアリかなと思えました。

      個人的に、マフラーは左右2本出しの方がバランス良く見えて好みなんですよね(^^
      ただ、ノーマルって非常に出来が良くて、下手な社外品に換えるとパワーも快適性もダウンしてしまうので、悩ましいところですよね。

      アレコレ書きましたが、私も買う事があっても当分先の話になりそうです^^

  6. 黒ノ助 より:

    詳細なレポートありがとうございます^ ^

    実物を見るまでは評価は難しいと思ってましたが、その通りのようですね!
    ここまで来たら敢えて見ないようにして楽しみに取っておこうかな^^;

    あとトランクは気になってたんでよくぞ質問してくれました!全長が短いから当然ですよね!

    グレー?のNDはどうでした?

    • よっすい. より:

      お返事が遅くなりました。

      黒ノ助さんに対抗して?頑張って長いブログを書いてみました(笑)

      実物を拝見した皆さんが口を揃えて「写真と実物では受ける印象が全然違う」と仰っていましたが、まさにその通りの印象を受けました!

      黒ノ助さんは買い換えたくなっても奥様が許してくれないだろうから^^
      楽しみに取っておくのもいいかも知れませんね。

      私もどちらかと言えば長旅派な人なので、トランク容量は非常に気になっていましたので。
      全長にプラスして、重量削減のために斜めにカットされたフェンダー回りの影響を受けてしまった様ですね。
      数値は口にチャックでしたので(笑)実用にどの程度耐えられるトランク形状なのか?実物をチェックするのが楽しみですね。

      グレーのND、一見アッサリしてそうで実は複雑な造形のNDにはアリな色だと思いましたが・・・やはりオープンカーは原色系だよ!と思った次第です(笑)

      RHTでホントにイエローを出してくれたら激しく悩むかも知れません^^

  7. kachan7 より:

    やっと、見れたんですね!
    ホント実物と写真とで受ける印象が全然違う車ですよね。
    逆に写真写りが違いすぎてオーナーになってから困るかも(笑)
    ただグローブボックスが無かったり、トランク容量だったりといった快適装備はNCには負けそうですね。ナカマエさん辺りが専用バックとか作りそうな気もしてますが(笑)
    後の下側のライトは多分バックランプだと思います。

    走ってる姿見てみたいな〜。

    • よっすい. より:

      お返事が遅くなりました。

      ようやく実物とご対面する事が出来ました!
      皆さん仰る通り、ホント実物と写真とで受ける印象が随分違う車ですよね!
      乗り換えたとしたら、暫くベストポジション探しに苦労しそうですよね(笑)

      余り近くまで接近出来なかったので、内装をマジマジ見る事が出来なかったのですが、グローブボックスが無いんですね!?
      トランク容量の事もあるので、NCからの乗り換えを検討する際は、許容範囲内か要チェックですね(^^ゞ

      マツダ構内でのデモランでしたので、1・2速での走行でしたが、NCよりも軽快に感じたフットワークと走っている姿のイケメンっぷりに、(収納力次第で)次期愛車の筆頭候補に躍り出ました(笑)

  8. CHELL より:

    これまで各地でNDアンベールのイベントをやってきてましたが,まさかデモランがあるなんて思いませんでした。
    ほんと,行ってよかったーって思いましたよ。

    noppo.さん,広島にも来ればよかったのに(笑)

    • よっすい. より:

      これまでファンの前で走行したのは筑波だけでしたので、やはり本社ならではのサプライズといったところでしょうか。

      私も参加を申し込んでおいて良かったと心から思いました。

      noppo.さん、あれだけNDを追い掛けたのだから、広島にも来ればよかったですよね^^

  9. noppo. より:

    素晴らしいイベントだったんですね♪
    私も近ければ行ってみたかった~
    なんせ、ホームですからね~

    NDは、実車を見ると印象は違うと思います。
    シンプルなデザインですが、複雑な面構成で、見る角度によって変化するみたいです。

    凄いデモランというサプライズもあったし、ファンを大切にするマツダって凄いですね(^^)

    • よっすい. より:

      こぢんまりとしていましたが、それが逆に現オーナー(やファン)を大切にしてくれている事が感じられて、素晴らしいイベントでした!

      ホームでお披露目して貰えたと云う事も、ポイントが高いと思います(笑)

      NDはホント、写真と実車で受ける印象が随分違うなと思いました。
      ぱっと見はシンプルなのに、実は複雑な面構成で、見れば見るほど良いデザインだと感じました。

      デモランでは初めの色も見れましたし、ラッキーでした!
      ここまでやってくれるのも、ファンを大切にするマツダならではですよね。