プチ水温上昇対策(1)

p1

入院の件やサーキット走行時に早い段階で水温補正が入ってしまう事もあり、水温上昇の対策を兼ねてバッテリーを小さい物に交換しました。

交換で空いた空間分のバッテリートレイを切り取って、ラジエターの熱気を抜けやすくする事が本来の目的でしたが・・・
想像以上の固さに手持ちのカッターナイフでは全く歯が立たず、第2弾の作業を行うまでにノコギリを購入して切断する事にしました(^^ゞ

コメント

  1. kachan7 より:

    早速変更されたのですね。お疲れ様です。
    確かにアレは硬かったですね(汗)
    私はニッパーと手の力だけで毟り取るように切りました(笑)
    第二段が楽しみですね。

    • よっすい. より:

      お返事が遅くなりました。

      >私はニッパーと手の力だけで毟り取るように切りました(笑)
      ニッパーだと大変だったんですね。
      私もカッターで歯が立たなかったので、一瞬同じ事を考えたのですが、ノコギリで切断して正解だった様ですね(^^ゞ

      トレイ切断後に少し走ってみましたが、ピーク温度は余り変らない様ですが、確実に水温の下がり方が良くなっていますね。
      交換して正解でした。

      >第二段が楽しみですね。
      第二段との組み合わせで、少ない出費で水温補正が入るまでの時間稼ぎが出来そうです。