MFCT2017@岡山ラウンド

CMLでの闘病生活や転職などが重なって暫く休眠状態が続き、昨年7年振りに参戦したマツダファンサーキットトライアル(MFCT)
久々に参加してみて、モータスポーツの楽しさとタイムトライアル競技の奥深さを再認識し、勢いに任せて筑波遠征までして嫁に呆れ返られてしまいましたが^^

今年も引き続きモータースポーツを楽しもうと、「暑いし日除けになる場所が無いから行きたくないよ~!」と渋る嫁を何とか説得して(笑)
7月1日に開催された岡山ラウンドへ参戦して来ました。


昨年参戦した時は岡山観光しつつの前泊地入りでしたが、今年は嫁が夕方近くまで仕事が入ってしまったので、宿泊地の最寄ICまで一気に高速で移動する事に。


早々に湯郷温泉の宿にチェックインして、温泉街を散策。


レトロな建物や


レトロなクルマを見つつ、昨年遠征した際に利用したカフェへ向かったのですが、まさかの臨時休業で夕食難民に。。。(>_<)


他に目ぼしいお店も無かったのでコンビニで食料調達し、何とか危機を回避(^^ゞ
翌日に備え早めに食事と入浴を済ませ、良い子な時間に就寝しました(笑)


翌日は4時過ぎに起床して身支度を済ませ、5時半に宿をチェックアウト。
毎度の事ですが、MFCTの早朝押せ押せなタイスケは、低血圧な私達夫婦には超辛いです(^_^;)

今回のMFCTはヴィッツレースや86/BRZレースと共催だったので、宿泊した宿にも沢山の参加車両が止まっていました。


宿からサーキットへ向かう道中は小雨模様で、天候が回復しそうな予感があったのですが、現地へ到着して参加申し込みを済ませ、クルマに戻ろうとしたタイミングで急にドカ雨が・・・(T_T)
クルマに戻る際、雨具を忘れて途方に暮れていた所、同じ2組の参加者の方に傘に入れて頂け何とかクルマに戻れたものの、足元がびしょ濡れになるわ、雨脚が強過ぎて準備もままならずで、夫婦揃ってかなり帰りたい気分になって来ました(ーー;)

暫く雨脚が強い状況が続き、走行準備の時間がどんどん奪われて行ったのですが、そんな時間的余裕が無い状況にも係わらず、何故か今回の車検は今までスルーしていた4点式シートベルトや車載カメラやGPSロガーの取り付け状態等を入念にチェックされたので、益々びしょ濡れになって、更に帰りたい気分になって来ました(^^;


何とか車検をパスし、その後はブリーフィングに参加し1本目の走行準備と超バタバタしている間、


嫁も私の走行に備え、久々の流し撮り練習に励みます^^


今回もケロリーヌ色なNCが走っていたので思わず激写(笑)


久々に聞くおむすびの全開サウンドは最高でした♪


ドライ路面の走行でも感じていましたが、NDはリアの安定感が抜群ですね。


TUNEDクラスの車両は1組の全体でも上位に喰い込んでいて、リザルトを見てビックリしました!


そうこうしているうちに1本目の走行時間がやって来たので、申告タイム順にパドックへ並びます。

早朝のドカ雨の影響でコースはフルウェットの状態が続き、ベスト更新は到底望めませんが、2本目のコースイン順序に影響するので、無茶しない程度に頑張ることに^^

□1本目 2’09.408 気温:27度 コースコンディション:ウェット

1本目は「自分より早いクルマに引っ張って貰おう」作戦を立てていたので、タイムを水増しして申告したのですが…
水増しし過ぎた様で(笑)、何と2組目の2番手でコースイン!


しかも先頭はパーティーレーサーな車両だったので、これは2組の上位に喰い込む絶好のチャンス!!とばかりに、必死に追走するのですが…


2月にフルウェットの状況で走行した時と比べ、路面温度が高いにも係わらず、有り得ない位にグリップしません(+_+)


チキンな性格なのでいつもDSCオンで走っているのですが(笑)
それでもリアがスライドしまくってカウンター当てまくりだったので、リボルバーやウイリアムズコーナーで泣きそうになりました(TOT)


そんな状態だったのでタイムは全く上がらず、2月にフルウェットでマークしたタイムより3秒落ちで走行終了。。。

この時点では空気圧が低過ぎた事が原因かも?と、2本目に向けて前向きに捕らえていたのですが、若干不安が残る結果となりました。


1本目を走り終えた後は、雨も止んでサーキット内をウロウロ出来る状態になったので、ガチンコモードな雰囲気漂う86/BRZレースのパドックを見物しに行く事に。


トヨタ車のレースはディーラーもスポンサーしているんですね。
クラスによってはレース毎に賞金が出るようなので、確かにガチンコ勝負になりますよね^^


ちょうどヴィッツカップの予選が行われていたので、私も流し撮りに励みます。
私の腕だと、箱車のスピードが限界な事を悟りました(笑)


見物を終えてパドック戻ってからは、お隣だったさっくんパパさんやアキラ先輩@ND2号車さん、久々にお会いしたよしおさんと談笑したり、


2本目に備えてホームストレートのスタンドでクールダウンしましたが、


1本目までのドカ雨が嘘の様な、晴天かつ強い日差しが照り付けるお天気で全然クールダウン出来ていなかったので、コンビニで見つけた秘密兵器を使う事に。

エアコン無しでも20分集中力を切らさず走る事が出来たので、ある程度の効果はあった様です(^^)


秘密兵器でクールダウンしているうちに、1組の2本目の走行が始まりました。


路面はドライなものの酷暑に迫る気温で、とてもタイムが出るコンディションではありませんでしたが、それでもTUNEDなおにぎりマシン達は50秒に迫るタイムをマーク!


1組の好タイムを見て、若干の期待を感じつつ2本目のコースイン。

□2本目 2’03.012 気温:33度 コースコンディション:ドライ

1本目にタイヤがかなりヨレている感覚があったので、空気圧を前0.2、後0.3増やして走行に臨んだのですが…
ヨレる感覚は減りましたが、やはり昨年末のMFCTを走った時と比べ、明らかにグリップしません。。。
特に左コーナーでのグリップ低下が顕著で、ローパワーなロードスターだと、2コーナーは軽めのブレーキングで進入すればクリップに付く事が出来て、その後はほぼ全開で脱出出来るのですが、すぐにリアが流れ出すので怖くて全然踏めません(TOT)

同じく全開で駆け抜ける事が出来るマイクナイトコーナーでも同じ感じなので、両方のストレートで最高速を稼ぐ事が出来ず、この日は1,2本目共に161㎞止まり。
普段より10km以上も遅ければ、タイムが出なくて当たり前ですよね(^^ゞ

アウトラップ後からそんな感じだったので、自分の走り方がマズイのかな?と色々試行錯誤していたのですが、結局答えを見付ける事が出来ないまま時間切れとなり競技終終了。。。(+_+)


NDノーマルクラス優勝のアキラ先輩@ND2号車

優勝おめでとうございます!
日帰り弾丸ツアーでの参戦お疲れ様でした!


すっかり意気消沈してパドックに戻って来たんですが、マーシャルに車検場へと誘導され、クラス入賞した事があるMSCT時代でも経験の無い、再車検を受けることに。。。(・・?

2cm程度しかローダウンしていないのに、「車高ギリギリだったよ」とツッコミを頂きましたが、何とか車検もパスしてリザルト確定。


貰える物は何でも貰う人なので、もちろん表彰式に参加(笑)
ズッピーさんと常連の参加者さんとの漫才の様な掛け合いに、笑い過ぎてお腹が痛かったです(^^)

総合優勝のみじゅさん、おめでとうございました!
男性陣を従えての記念撮影、格好よかったです!!


そんな訳で、目標には到底及ばずタイム的にはとても悔しい結果となりましたが、今回も楽しみにしていた美作市長賞をゲット出来てラッキーでした♪


たった半日足らずの間で、1本目フルウェット、2本目酷暑のドライと目まぐるしくコースコンディションが変わる、人にもクルマにも厳しい大会となりましたが、タイムは出せなかったものの、1日で両方のコンディションの中走れたり、参加者の皆さんと談笑したりと楽しい一日でした。

タイムが出なかった原因は特定出来たっぽいので、冬の岡山ラウンドで鬱憤を晴らしたいと思います!

おまけ

2本目を終えて場内をウロウロしていたら、MX-5カップのパドックで超素敵なNDを発見!!


以前ロードスターに設定のあった、ノルディックグリーンでしょうか?


ベージュな幌との組み合わせが、ブリティッシュテイストを醸し出していて、マツダが限定モデルで売り出してもおかしくない、完成度の高いカラーコーディネイトでした。